スタッフブログ

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 漢方ブログ > 一緒に学ぶ漢方基礎知識 > 夏の終わりから秋にかけてのカラダのつくり方

夏の終わりから秋にかけてのカラダのつくり方

2013.8.30 | 一緒に学ぶ漢方基礎知識 | comment:0

こんにちは、一乗寺薬局の岸本です岸本洋子 一乗寺薬局

先週末にまとまった雨が降ったおかげか、今日は朝から涼しい1日です。

毎日の挨拶が「ホンマに暑いですね~」から始まっていたのが

「今日は涼しくなりましたね~」に変わり、秋の足音もすこし聞こえてきたかな?

 

さて、漢方初心者・岸本と学ぶ漢方基礎知識 第4回目です!

前回は整体観念というあらゆるものは一つに統一される。自然の一部分が私たち人間。

だから自然の変化に合わせて私たちの生活を合わせていくことがとっても大事

という東洋医学では重要な考え方について紹介しました。

 

img01

 

まさに今!季節の変わり目で暑い夏から涼しい秋へと変わろうとしています。

今の時期、夏の疲れが残ったまま急に温度や環境が変わり体調を崩した経験がある人も多いのでは?

今回は整体観念の実践編!この季節の変わり目を元気に過ごすコツをご紹介!

 

——————————————————————————————————————-

秋は夏の暑さや冷たいものの取りすぎによって疲れている体を癒す大事な季節です。

秋は体に心地良く過ごしやすい時。ここでしっかり夏バテを解消して冬に備えましょう!

 

ポイント→①夏の終わりから秋にかけては潤いを補う

夏の汗で奪われた潤いをしっかり補わないと、

秋の乾燥した風で喉・鼻の不調や、皮膚の乾燥が起こってきます。

 

☆季節の果物をとるimages

秋はたくさんの果物が収穫されますね!ぶどうや梨など水分の多い果物は

体をうるおわすのにピッタリ

 

ポイント→②胃腸の調子を整える

夏に冷たいものをたくさん食べ過ぎると胃腸がお疲れモードに

秋は実りの季節、寒い時期に風邪をひかない為にも

胃腸の調子を整え、免疫力をつけましょう。

☆秋の味覚、特に根菜類を意識して食べようbiteki0822-G

根菜類は体をあたためる作用があります。同じく体をあたためるほうじ茶と一緒に

——————————————————————————————————————–

 

秋と聞いて何を思い浮かべますか。芸術?勉強?行楽?スポーツ?

私はやっぱり食欲です笑(^O^)

美味しく食事ができるのも健康な体があってこそ。

しっかり季節に合わせた生活をして、元気に秋を過ごせたらいいですね!

 

季節の変わり目、なんだか秋の流れにうまく乗れないな・・・

夏の疲れが抜けないな・・・という時は食事や生活習慣含め

一乗寺薬局スッタフで夏→秋 乗り換え応援します!お気軽にご相談ください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00