スタッフブログ

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > お風呂に入ってもは~くしょん。えっこれも花粉のせい?そんな症状でお悩みの方へ

お風呂に入ってもは~くしょん。えっこれも花粉のせい?そんな症状でお悩みの方へ

2015.2.11 | 漢方ブログ, 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

今日は、寒さが緩みましたね。
今週は、金・土とまた寒くなるようです。

三寒四温に突入か?そうなると、もうそろそろ春かな。

・・・ということは、春=花粉が気になる方もいらっしゃるのでは?

花粉の飛散量予想をみてみると、今年は西日本は全般的に前年に比べて少なくなるようで、東日本では北海道を除き昨年より多くなるそうです。

花粉症は、鼻やのどの粘膜と関係があって、
その粘膜が過敏な方ほど(バリアが弱っている方)花粉に反応しやすい体質を持っています。

だけど、花粉の飛ぶ可能性が少ないお風呂や食事をしているときなどに花粉症のような症状を発症する人がいます。

これも花粉のせいなの?

いえいえ、これは過敏になった粘膜がお風呂に入った・食事をしたことで急に体温が上がった、或いはお風呂後冷たい水をグイッと飲んで急に体温が下がったことで刺激され起きた症状なんです。

こういう温度差に過敏な粘膜を「血管運動性鼻炎」って言って
以前に書いたブログに対処法を書いています。
↓   ↓   ↓   ↓
漢方での血管運動性鼻炎の対処法

このように漢方で対処するのも一つ。
養生として、
体に急激な温度差を作らないよう、飲み物はなるべく常温のものにしたり、
辛い物を控えたりすることが大切なのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00