妊活応援メッセージ

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報) > 生理期の養生法

生理期の養生法

2018.3.10 | 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報), 漢方ブログ | comment:0

妊活中の夫婦にとって、生理はタブーなものですね。
生理が来ると、落ち込んでしまう気持ちもありますが、
子宮内膜(赤ちゃんのベッド)が剥がれ落ち、
新しいものに入れ替える大切な時期です。
今回は、生理期の養生法について、ご紹介します。

≪生理中はホルモンバランスの変化をスムーズに!≫
生理が始まると、それまで子宮内膜を育てていた黄体ホルモンの力が弱まり、
卵胞ホルモン(エストロゲン)が、次の卵子を育て始めます。
ホルモンバランスが変化する時は、気持ちが不安定になりやすい時期です。
生理が始まって憂鬱な気持ちだけでなく、イライラ、不安、眠りが浅いなど、
精神的なストレスを感じやすい時期なので、
ヨガやストレッチなどでカラダをリフレッシュしましょう。
ラベンダーや柑橘系の香りの芳香浴、
また逍遥丸シベリア人参などの漢方で、心穏やかに整えましょう。

≪瘀血をお掃除する絶好の時期≫
生理中に腰が重い、生理痛がひどい、出血の時に塊やレバー状のものが出る、
頭痛・肩コリなどがつらい・・・
このような症状は、中医学で言う「瘀血(おけつ)」の状態です。
子宮内の瘀血を改善するためには、生理期にしっかり排泄を促すことが大事です。
そのため、お腹や腰を冷やさず、冷たいものは特に控えてほしい時期です。
夏場でも、腹巻をしたり、お灸や足浴などをしたりして、血流を良くしましょう。
瘀血の改善には、
冠元顆粒(かんげんかりゅう)」・「松康泉(しょうこうせん)」などの漢方を使います。
また、出血量が多く、立ちくらみ・貧血になりやすい方には、
田七人参(でんひちにんじん)」を使用しながら、新陳代謝を促進していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00