妊活応援メッセージ

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報) > 妊娠かも?と思ったら・・・その1

妊娠かも?と思ったら・・・その1

2018.4.20 | 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報), 漢方ブログ | comment:0

高温期が14日以上続いて、生理が始まらない場合は、妊娠の可能性があります。
待望の妊娠!今後どうしたら?何に気を付けたらいいの?
そんな貴女に、今回は妊娠初期の養生法について、お伝えします。

 

〇〇 妊娠初期のカラダ 〇〇

妊娠が成立すると、黄体ホルモンの分泌が続いて、
体温の高い状態が3ヶ月くらい続きます。
生理前の状態が続くので、身体が熱い、お腹が張る、
なんとなくだるい、眠い、疲れやすい、などなど、
いつもよりスッキリしない症状が続く方もあります。

胎盤もまだ不安定な時期なので、
引き続き、動き回ったり、重いものを持ったりしないで、
体調を優先して、無理しないようにしましょう。

 

〇〇 病院受診のタイミング 〇〇

生理が5日以上遅れたら、市販の妊娠チェッカーを使ってみましょう!

陽性反応を確認したら、できるだけ早めに産婦人科を受診し、
エコーで赤ちゃんを診てもらいましょう。

妊娠かなと思う4~6週目では、赤ちゃんのいる袋(胎のう)が見えます。
そして、6週~8週目くらいに赤ちゃんの心拍が確認できると、まずは一安心。

母子手帳の申請をして、その後は定期的に一ヶ月に一回程度の妊婦健診を受けます。
お腹が痛くなったり、出血があったりした時は、
自己判断せず、すぐに受診することをお勧めします。

 

〇〇 つわりの対策 〇〇

つわり(悪阻)は、すぐに起こる場合と、8週目くらいからじわじわ起こる場合。
また、ほとんどない場合など、個人差が大きいものです。

一過性のものなら問題ありませんが、2週間以上、
吐き気やむかつき、食欲不振など辛い状態が続いているようなら、
つわりに使える漢方薬をお試しください。(一日分から購入可)

 

〇〇 つわりの漢方 〇〇
小半夏加茯苓湯
(しょうはんげかぶくりょうとう)
一日分300円~

 

〇〇 内関のツボ 〇〇
ツボを抑えるだけでなく、
お灸や置き鍼をしておくと、
効果が持続します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00