ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > おもしろエピソード > 我が家のすり傷の対処法

ゆたか店長のプロフィールはこちら

我が家のすり傷の対処法

2015.5.24 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, おもしろエピソード, その他の体験談, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

先日、娘が公園で走って遊んでいるとき、ズッコケて膝をすりむいた。

痛い痛いとあんまり言うもんだから、
ちょっと厳しめに「骨が折れたわけじゃないから、大丈夫や!」って
今にも泣きそうな娘に言ってしまった。

自分が子供の時なんて、ちょっとキズして血がでたら、「もうアカン」って
まるで重傷を負った人のようにしてたのに・・・

我が家では、こんな痛々しい傷には、必ずこの2つを使用しています。
娘の傷に 脱力系ゆたか 駅前漢方ごじょう

治りがとっても早いから。

まずサメミロンスプレーを先に塗布して、
次に紫雲膏(しうんこう)をベッタリ傷を覆い被すように。
手に残った紫雲膏はバンドエードに塗って、はい完了!

娘の傷に 脱力系ゆたか 駅前漢方ごじょう

娘の傷に 脱力系ゆたか 駅前漢方ごじょう

僕も、小学生のころ川でガラスの破片を踏んで、
失神しそうな(笑)くらいの傷を負ったことがあったけど
当時もこのセットでかなり早く治りましたヨ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00