ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > 手湿疹の症例 駅前漢方ごじょう症例

ゆたか店長のプロフィールはこちら

手湿疹の症例 駅前漢方ごじょう症例

2015.6.13 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 尋常性乾癬のこと, 皮膚病に関する体験談 | comment:0

こんにちは。荒木です。

最近の皮膚トラブルの症例です。

手の指の間、指の痒みで数年悩まれていました。
皮膚科ではステロイド(ネリゾナ)を処方され、一週間に一度のペースで塗っていられていました。
塗った時には、良くなりますが、一週間も効果が持たず元通りになるので、
また塗る感じが続いているとのことでした。(写真をクリックすると拡大できます)

皮膚症例 駅前漢方ごじょう 脱力系ゆたか 皮膚症例 駅前漢方ごじょう 脱力系ゆたか

皮膚症例 駅前漢方ごじょう 脱力系ゆたか

ステロイドを塗らずして、皮膚トラブルを何とかしたいと強く思われていました。

血液検査はされてなく、皮膚科では手湿疹と診断されていました。

初めて皮膚状態を診せてもらったとき、乾燥し肌がめくれ触るとポロポロと皮膚が落ちている感じ。
数年間、外用はほぼステロイド外用剤のみ(たまにビーソフテンローション使用)を使用されていました。これだけの対処では乾燥肌をより助長しているなと思い、
ステロイド外用剤を塗る前に、たっぷり保湿(水溶性ローション)ができる
化粧水を処方。
あかぎれして肌が切れて痛そうなところは、対処できるものを一番最初に塗ってもらい、その後は同じ化粧水の流れで。

そして、飲み物も。

これを約三週間続けてもらいました。

初診後から処方した外用ローションを塗ると、皮膚が落ち着くとのことで、
ご自身の判断でステロイド外用剤の使用を控えてられました。
中間、その影響で皮膚症状が乱れたこともあったそうですが、

こんなに良くなったとご本人がおっしゃっていました。

初診の時と比べ、明らかに乾燥感が改善されていました。
(写真をクリックすると拡大できます)
皮膚トラブル 駅前漢方ごじょう 脱力系ゆたか 皮膚トラブル 駅前漢方ごじょう 脱力系ゆたか 皮膚トラブル 駅前漢方ごじょう 脱力系ゆたか

まだ少し痒みがあるとのことでしたが、以前ほど辛いことはないとのこと。

このまま順調に進んでほしいと思います。

ご自身の判断ではありますが、数年やめたいやめたいって思われていたステロイド外用剤がすんなり?お休みできて、ホントに良かったと思いました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00