漢方体験談

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 漢方体験談 > 皮膚病に関する体験談 > 待望の赤ちゃんが、「アトピー!」

皮膚病に関する体験談

待望の赤ちゃんが、「アトピー!」

???

息子のほっぺにブツブツが出始めたのは、生後1か月くらいの時でした。
明らかに、ただの乳児湿疹ではない赤み。でも、アレルギー検査は陰性・・・。
全身に広がりはじめる湿疹・・・。
初めての育児に戸惑いながら、いくつも医者にかかりました。
それぞれに、違った診断と根拠があり、何を信じたらよいのか迷う新米ママの私でした。

でもそんな中、一番頼りになったのは、「私の目」でした。
どんな時に、どんな症状になるのか、見守り続けた私の観察眼でした。
それぞれのお医者様の話を自分なりに消化し、子供にあう方法を考えた結果、私は母子ともに「五行草茶」と「晶三仙」を服用、「銀カタローション」と馬油等、自然派クリームで保湿、ひどいときだけ薄いステロイドを使いました。
1歳2カ月になった息子は、今ではつるつるの元気な子です。
「一番のお医者さんは母の愛」
今では心からそう思います。これからも一歩一歩、迷いながら笑いながら子供と成長したいです。

隠れアレルギーの息子のために、私がしたのはこのような事でした。

食事に気を付けること
私自身、卵・牛肉・鶏をできるだけ控え目に。
息子の離乳食も肉は少なく米野菜中心にし、卵は一歳過ぎまで与えず。
ゆっくりめにすすめていきました。

母子ともに晶三仙、五行草茶を服用なるべくステロイドは使わない保湿
よほどひどい時のみ、ステロイドを使用。風呂でも洗いすぎないようにして、馬油等で保湿。
見た目に赤くても、痒くなければ本人はつらくはありません。
ツラいのは、見ている親のほうだけです。

今、きれいな肌になった息子を抱っこしながら、思うこと。
悩み苦しんだ時、支えになったのは、同じようなお母さんのお話と励ましのお言葉でした。
私もあの時の私のように、誰かの支えに慣れたら・・・そう思い投稿させていただきました。
毎日、バタバタや悩みや笑いが明日の力になる。
そう信じてこれからもがんばります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00