ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > ステロイドが効かない。かゆみが止まらないどうにかしてください! 駅前漢方ごじょう症例

ゆたか店長のプロフィールはこちら

ステロイドが効かない。かゆみが止まらないどうにかしてください! 駅前漢方ごじょう症例

2013.8.1 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 皮膚病に関する体験談 | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょうゆたか店長こと荒木豊です。荒木豊

最近の皮膚トラブルでの相談です。

60代女性。患部は両腕。じんましんのような赤くプツプツした湿疹がひじのほうまでできていて、かゆみがひどい。ご相談中でもかゆみがつらく精神的につらいとのこと。

また、両手手のひらには腕と異なる湿疹(水泡があって、ジュクジュクしている)があって、
それは、両足の裏にもあるとのこと。

ステロイドは強めのものが一種類処方されていました。同じものを3年続けて塗っておられ、
内服薬は、抗ヒスタミン薬を二種類服用。

しかし、この3年間効果をそれほど感じなく、気休めに塗っていて効いている感じである。
お通じは、毎日あって何も飲んでいない。困っていない。

 

相談後、3年間欠かせず使われていたステロイドは痒みのひどいところにピンポイントに使用してもらうようにお伝えしました。(湿疹の出ていない部分に塗ると肌力が弱ってしまうため)
またステロイドは油分が多いので、長期での使用は皮膚の乾燥を助長させてしまうので、ステロイドを塗る前に、化粧水でしっかり保湿してもらいました。

内服する漢方薬は体の粗熱を除去して、苦みをもって体のデトックスを促進する漢方二種を処方。

 

数日後、再度ご来店されたとき湿疹の勢いは、
おさまることがなく痒みも引き続きつらいとのこと。
皮膚が、火照る感じがあるので化粧水は多用しているとのこと。
いつも行っている病院では、あまりひどかったら飲んでくださいと内服のステロイドが処方されていました。ご自身、ステロイドは飲みたくないといってられたので、数日様子を見ましょうと、
次回のご予約をいただく。

数日後、3回目の来店。
苦い漢方は、継続して飲んでいる。腕のじんましんがほとんど消失してかなり落ち着いておられました。ご来店してすぐ変化に気づきました。
「これは、ステロイドを飲まれたのでは…。」と思っていたら、実は何もしないでこちらで処方した漢方薬・抗酸化化粧水とステロイドでここまで落ちついたのだとおっしゃられていました。

詳しく、普段の生活習慣や食習慣などを聞きますと、朝必ず食べていたパンを絶ち、甘いものを減らしたとのこと。がんばってられました。

生活習慣を整えて、デトックス漢方薬を服用したことで体がある程度リセットされ
いつも使っていたステロイドがよく効いたんではと思っています。(反応が良くなった)
以前ほど、ステロイドを使用していないとのことなので、これもびっくりしました。

症状の動きが早いので、こまめに予約していただいています。
次回には、どんな皮膚の変化があるのか期待と不安でいっぱいです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00