妊活応援メッセージ

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報) > 体の冷えに気づいていますか?

体の冷えに気づいていますか?

2013.6.19 | 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報) | comment:0

 

こんにちは~!

子宝カウンセラー 衣川 香です(*^_^*)

今日は打って変衣川香わっての大雨に見舞われている京都^_^;

空梅雨なのに、今日はまとまりすぎの雨!!

妊活中のみなさん、体を冷やさないようにしてくださいね!

今回は、おうちでできる妊活シリーズ第2弾!

テーマは基本中の基本!「身体を温めること!」です。

冷え性だとか、手足が冷たいとか、そういう方とっても多いと思います。

でも最近増えているのが、冷えていても感じてない人です(;_:)

温まったという感覚や経験があまりない方に多く、冷えていてもそれに慣れすぎていて、冷たいものを無頓着に摂ったり、暑くなるとお腹や足首を出す服装で出かけたり・・・。

なのでますます冷えてしまいます!!

冷えは、よくご存知の通り、子宮や卵巣だけでなく、全身の血流を停滞させ、循環を悪くし、栄養やホルモンを与える力が弱まってしまいます。

まずは、自分が冷えているかどうかをチェックしてみましょう(^_^)/

手で足首を持った時、手と足のどちらが温かいですか?

手は『上半身の温かさ』。

そして、足は『下半身の温かさ』だと思ってください。

足の方が手よりも冷たい!!という方が多いのではないでしょうか??

このような場合は、同じ下半身にある胃や腸など内臓が冷えているサイン!!

お腹が冷えていると内分泌系(ホルモン系)のトラブルが出やすくなります。

これは、妊活中の方にとっては、特に大きな問題です<`~´>

暑くなってくると、どこへ行ってもクーラーが入っているので、内臓の冷えは冬場より深刻(*_*)

クーラー対策を怠ると、秋以降にもダメージを残してしまうことも・・・。

カラダ、特に下半身を冷やさないようにすることが、夏の養生ですね!

 

冷たいものを摂らないように・・・。クーラーは控えめに・・・。といっても、無理な時もあります!

なので、それ以外の冷やさない方法、私のおすすめの夏冷え対策はこちら・・・。

☆寝るときのクーラーは29~30℃設定。

☆パジャマの足元はめくれやすいので、通気性の良いレッグウォーマーを。

☆薄い洋服一枚で出かけるときは、薄手の腹巻、カーディガンなどを持参。

☆食後は温かいお茶でしめる。(食後の消化酵素の働きもよくなるよ!)

☆夏でも必ず湯船につかって、一日一回は全身を温める。(夏の入浴、重要です!!)

 

冷やしてしまったら、身体を温めるケアを取り入れ、冷え体質を改善していきましょうね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00