冷えのぼせ、高血圧、多汗症、憂うつ、排尿トラブル、いらいら、不眠、骨粗鬆症など

更年期症状でお悩みの方ご相談ください!

更年期の症状について詳しくはこちら

更年期障害とは・・・?

更年期とは女性の閉経時期を挟んだ前後数年ずつの約10年を指します。
主にホルモンの低下が原因で、脳の視床下部からの刺激と卵巣のバランスが乱れることで起こります。
人それぞれの体質(神経質・暑がり・冷え症など)が絡んで、色々な症状が出やすくなります。

更年期は、女性なら誰でも訪れますが、全ての人に更年期障害が起こるわけではありません。
最初の兆候は、月経の変化が現れることが多く、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が急激に減少して、体内のホルモンバランスが崩れることで様々な症状が引き起こされます。
女性ホルモンの分泌量は加齢によって変化し、体に様々な影響を与えます。

更年期(メノポ)の症状が出るのは・・・

生理変化の特徴

周期 本来正常な生理は、25~38日、7日以内のずれは大丈夫です。
更年期は、卵巣機能の低下から、24日以内の短い周期になったり、39日以上の長い周期になったりして、乱れることがあります。
経血の色 スムーズに排出されず、酸化して茶色や黒っぽい色となる。
生理の周期 3~7日くらいは正常範囲内。短くなったり、長くなったりする。
量・おりもの 少なくなる。

この時期にチェックしたい、2つのホルモン値<br /><br />
FSH(卵巣刺激ホルモン):更年期になると増えてきます。<br /><br />
E2(卵巣ホルモンエストラジオール):更年期になると減ってきます。

女性ホルモンが低下する時期の注意点

コレステロールが増えてくる
女性ホルモンのエストロゲンは血管を守ったり、コレステロールを下げる働きがあります。
この恩恵が得られなくなります。
骨粗鬆症になり易くなる
骨粗鬆症は女性の病気。エストロゲンの減少で、カルシウムの骨への吸収が悪くなります。

症状や体質改善に漢方薬を上手に取り入れてみましょう!

私自身も更年期の時期は、体がいつもしんどくて、ホント辛かったです。
体は火照るし、夜は寝れない。ついつい子供に強く当たってしまったり…
心は泣いていました。
漢方って更年期のいわゆる「不定愁訴」にとてもよく効くんですよ。
辛い時期を漢方とともに、乗り越えられました。漢方のすごさを再認識!
体調が良くなってくると、悩んでいたことが嘘みたい。
気持もなんだか前向きになって、自然と笑顔が増えてきました。
一人で悩んだり、あきらめたりせず、ぜひご相談ください。
ホルモン補充法(HRT)をされている方でも、安心して併用できますよ。

フリーダイヤル 0120-257-805 【受付時間】 10:00~19:00日祝休み 携帯電話からでも通話可能
お問い合わせメールフォーム

骨美人測定会&試食会を開催しております!

一乗寺薬局で、3ケ月に一度、骨美人測定&試食会を開催しております。
当日は管理栄養士を招いて、和気あいあいと少人数制で楽しく行います。骨美人測定会では、骨密度を簡単に測定し、最後にとってもおいしい骨によいスイーツの試食をします。
背筋をピンと伸ばして、頭もクール。骨美人は美人の要因です。
漢方の知恵を生活に取り入れていただいております。
お気軽に、ご参加ください。(次回開催予定はこちら

ご相談例

これまでにご相談いただいた一例をご覧ください。
多くの方が相談に来られ、お喜びの声をたくさんいただいております。

症例1 50歳女性
ほてり、多汗、イライラ、緊張すると下痢をし、汗がタラタラ出ると来店。
女性ホルモンのバランスをとる漢方薬を2種類と、神経質な性格なので、緊張を和らげる作用のある健康食品も処方しました。
2週間経った今も不快感はないそうです。
症例2 56歳女性
2011年10月14日来店
2、3年前から、のぼせやすく、汗をかくようになった。
体がほてりやすく、寝汗もかきます。
また、夜中に何度も目が覚めるようになり、医者から睡眠薬を処方されています。
漢方薬を3種類、服用いただく。
2011年11月22日来店
尿の排出が気持ちよくなり、寝汗も減ってきました。
2012年3月7日来店
昨年からの不快症状が減って、漢方薬をのまなくても
いい状態でしたが、春の陽気で再びのぼせが強くなり、
再度、漢方薬を購入されました。
症例3 43歳女性
2012年5月来店
緊張すると汗がよくでる。
疲れやすく、朝が起きづらい。
イライラする。便秘気味。生理は順調にある。
女性は、7の倍数で身体が変化していきますので、
丁度、その時期にさしかかる頃です。
ストレスを発散する漢方薬と、疲れを改善する漢方薬を処方する。
6月に再来店
「イライラが楽になり、疲労感がずいぶん楽になってきました」と、喜ばれました。
その後、7月、8月と来店され、同じ処方を飲んでいただいています。

その他の体験談はこちらをご覧ください

更年期のお悩み克服の3ステップ

  1. まずはお電話を!
    ホームページ見た!とご連絡ください。
    カウンセリングには、だいたい30分~2時間ほどいただいております。
    じっくりとご相談いただけるよう予約優先制とさせていただいております。お手数ですが来店前に一度ご連絡いただけると幸いです。
    フリーダイヤル 0120-257-805 【受付時間】 10:00~19:00日祝休み
    ※フリーダイヤルは、総合受付の「駅前漢方ごじょう」につながります。
    携帯電話からでも通話可能です。
  2. お店でカウンセリング
    あなたが今お困りのことをお話し下さい。
    じっくりカウンセリングいたします。
    できれば、内服薬のお薬手帳などを、来店の際お持ち下さい。それらを参考にし、症状に合わせて漢方を処方いたします。
  3. 再びお店でアドバイス
    半月~1ヶ月ぐらいの間隔でご来店いただいております。
    お身体の変化を感じた時、その変化をお伝えください。
    改善するために、再度アドバイスいたします。
最後に・・・

誰もが迎える更年期、誰もが体験する身体の変化、誰もが通過する人生の節目

更年期は新しい人生のスタート点です。
不安はあるけど、前向きに、淡々と、ポジテイブにとらえて過ごしましょう。

しかし、手足は冷えるのに、頭はカッカと熱い。
季節にかかわりなく出てくる、多量の汗。
イライラするかと思うと、落ち込んでしまう。
疲れやすい、だるい、尿もれ・・・・・

症状や体質改善に漢方薬を上手に取り入れてみましょう
一人で悩んだり、あきらめたりせず、是非ご相談下さい。
是非、お話にお越し下さい。
病院で治療中の方も、そうでない方も。

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00