皮膚病相談 駅前漢方ごじょう アトピー相談

あきらめるな!頑固な皮膚炎!!! 駅前漢方ごじょう アトピー

アトピー相談・尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・乳児湿疹・化粧かぶれ・手荒れ・主婦湿疹・ステロイドの長期連用・魚鱗症・乾皮症・ニキビ etc どこに行っても良くならない・・・・毎年、ある時期だけ皮膚炎が・・・・ステロイドって怖いの?・・・・などなど、いろいろな、あなたの疑問・お悩み、ぜひお聞かせください。 駅前漢方ごじょう

駅前漢方ごじょう店のゆたか店長は、アトピーを克服しました!

数年前、顔や手、足にアトピーを発症しました。夜もかゆくて眠れず、人目を避け、毎日不安な日々を過ごしていました。

こんなつらい思いから脱出したい!

藁にもすがる思いで漢方を服用しました。

服用して数カ月、徐々に皮膚の赤みや痒みが減少し、ずいぶん症状が楽になってきました。さらに数カ月服用すると、見た目にもほとんど分からなくなりました。

皮膚が段々良くなるにつれて、気持ちが前向きになり、毎日を楽しく過ごせるようになりました。(^0^)

自分自身がアトピー克服の経験者として、皮膚病で悩んでいる方に本当に良くなっていただきたい!つらい時期を一緒に乗り越えていきたい!本気で皮膚病を克服したい!強い決意を持った方、ご相談お待ちしております。

ゆたか店長症例 アトピー肌 駅前漢方ごじょう ゆたか店長 アトピー 駅前漢方ごじょう ゆたか店長 アトピー肌 駅前漢方ごじょう
アトピー克服3原則 駅前漢方ごじょう 相談

一乗寺薬局グループのアトピー治療方針 京都市

「皮膚は、内臓の鏡」と言われるくらい皮膚病には、体の中が関係しています。

漢方で体の中から改善させ、スキンケアで皮膚の保湿・保護、食事療法の提案という流れがメインになりますが、お客様一人ひとり症状は違ってくるため、じっくりとカウンセリングをさせていただきますので、まずは、お電話かメールにてご相談の予約をお願いします。

フリーダイヤル 0120-257-805 【受付時間】 10:00~19:00日祝休み 駅前漢方ごじょう アトピー相談 携帯電話からでも通話可能

お問い合わせメールフォーム 駅前漢方ごじょう アトピー相談

皮膚のバリア機能について アトピー 駅前漢方ごじょう

現在、ダニ、食物アレルギーが原因で、皮膚のバリア機能(防御壁)が低下することが注目されています。

さらに皮膚の常在菌である緑膿菌の異常発生によっても破壊するとの研究報告もあります。

バリア機能の強さは、肌の中の“セラミド”の量と関係しています。セラミドとは下の図のように角質細胞と角質細胞の間を埋める脂質のことで、不足すると、角質層の細胞間が隙間だらけになり、ハウスダストやダニ、花粉などのアレルギーの原因物質が入り込みやすくなります。

皮膚のバリア機能の低下の要因は、セラミドの量の減少が主ですが、本来作られるべきセラミドに代わり、スフィンゴシルホスホリルコリンが合成されてセラミドが減ってしまうと言う研究結果があります。この物質は、皮膚に対して強力な炎症を引き起こしてしまうので、きっちりとしたスキンケアで皮膚のバリア機能を上げることが大切です。

アトピーの人の皮膚の最表面 駅前漢方ごじょう 相談 健康な人の皮膚の最表面 駅前漢方ごじょう

腸と皮膚病の関係 アトピー

腸の中は体の中? アトピー相談 駅前漢方ごじょう

理にかなった食事 和食 アトピー食べることは体の中に収めるという事ですが、実はまだ、からだの外側なのです。食べたものが腸から吸収されて、はじめて体の中に入る事になります。

消化=体外、吸収=体内となるわけです。

腸は免疫機能の中心! アトピー相談 駅前漢方ごじょう

消化吸収以外に、もうひとつ消化管に入ってきた異物から身を守るため、免疫システムをコントロールしています。

腸には、体の約7割の免疫が集中していることが、最近の研究で分かってきています。このコントロール(腸管免疫)が乱れると、皮膚の赤みや痒みにつながるため、腸の免疫システムを正常にしていくことが皮膚病克服のカギです。

普段の食事で、トウガラシの入ったピリ辛食事・インスタントラーメン・甘い物・スナック菓子・ファーストフード・お酒などは腸内を刺激して、免疫を乱しています。

低カロリーで栄養価の高い「和食」は、免疫を整えたり、皮膚を丈夫にしたりするので、理にかなった食事です。

ご存知ですか?ステロイドって・・・ アトピー相談 駅前漢方ごじょう

ステロイド アトピー相談皮膚のトラブルでお悩みの方、皮膚科で処方されたり、市販のものを購入してステロイドを使用した経験があると思います。

ステロイドは虫さされやただれなど原因の分かっている皮膚炎に使えば、すぐに症状が抑えられる優れた薬です。

しかし、長年使用し続けるとだんだん効かなくなってくる…そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは?

  • ・長期間ステロイドを使用した結果、お肌の状態は改善されましたか?
  • しっかりと塗っているのに逆に皮膚炎の範囲が広がっていませんか?
  • ステロイドを塗り忘れたり、きれいになったからステロイドをやめると、すぐに炎症が起こってきませんか?

ステロイドは、症状を抑え込む薬(対処療法)で、そもそもの皮膚病の原因を捉えていません。

ステロイドに頼ることなく、日常生活や食生活を整え、自己治癒力を高めて、自分自身の肌を取り戻しませんか?

ステロイドスパイラル 駅前漢方ごじょう アトピー相談

ご相談例

これまでにご相談いただいた一例をご覧ください。

多くの方が相談に来られ、お喜びの声をたくさんいただいております。

症例1 生後3ヶ月の赤ちゃん
Before 乳児アトピー 駅前漢方ごじょう After 乳児アトピー 駅前漢方ごじょう 乳児湿疹:生後3ヶ月の赤ちゃん。生まれた時からほっぺたはカサカサ。ところどころはジュクジュクしていました。便秘気味だったので、お母さんが漢方を服用し、母乳から漢方を与えました。

結果は早く、2日に1回の排便が1日4回になり、それとともに湿疹も治っていきました。

症例2 70代女性(手のかさつきの症例)
Before 尋常性乾癬 駅前漢方ごじょう After 尋常性乾癬 駅前漢方ごじょう 長年、尋常性乾癬にお困りになられ来店されたお客様。肘や膝のあたりそして一番気になるところは掌のカサカサとのことでした。しっとりしたお肌作りには内因的な要素(腸をお掃除し、腸内環境を整える)が不可欠。2週間後にはずいぶん乾燥が改善されました。

詳しくはこちら

症例3 50代男性(尋常性乾癬の症例)
Before 尋常性乾癬 駅前漢方ごじょう After 尋常性乾癬 駅前漢方ごじょう 尋常性乾癬だと皮膚科で診断され、ステロイドや保湿剤を使われていましたが、なかなか改善しないので、駅前漢方ごじょうへ相談に来られました。鱗屑が目立ち、患部はガサガサ、背中はひび割れて痛いとのこと。痒みはなかったものの、乾癬がどんどん広がっていました。

数ヶ月後には背中の乾癬が消失。

詳しくはこちら

症例4 赤ちゃん(乳児湿疹の症例)
Before 乳児湿疹 駅前漢方ごじょう After 乳児湿疹 駅前漢方ごじょう こちらは私荒木豊の息子の症例です。劇的に乳児湿疹がよくなったのでご紹介します。ブログで何度か紹介した晶三仙、五行草茶を妻から息子に飲ませただけなんです。一日3袋ずつ、500mlのペットボトルに作って。あと、感染症が怖いのでメビュウフレッシュをひたすらかけていました。約半年でこんなにキレイに!

詳しくはこちら

症例5 顔の湿疹
Before 湿疹 駅前漢方ごじょう After 湿疹 駅前漢方ごじょう 駅前漢方ごじょうさんに通わせてもらって肌の状態が良くても悪くても笑顔で迎えてくださる皆さんがいらっしゃることも私にはとても励みになりました。(詳しくはこちら
症例6 5ヶ月で肘・膝の乾癬が薄くなった!50代男性の症例
Before 湿疹 駅前漢方ごじょう After 湿疹 駅前漢方ごじょう 皮膚の赤みが強かったですが、痒みや痛みはほとんどなくただ皮膚の鱗屑だけが気になっていたとのことでした。淡々と漢方薬とスキンケアをされた結果乾癬がこんなに薄くなり本人様も夏場半袖でを着れることがホントに嬉しいとおっしゃっていました。(詳しくはこちら
症例7 20代男性 (アトピーの症例)
Before 湿疹 駅前漢方ごじょう After 湿疹 駅前漢方ごじょう 20代のアトピーでお悩みの男性、とにかく一日中痒い。どうしようもないくらい痒い・・・。あちらこちら引っ掻いて傷だらけ・・・。真摯に向き合って約一か月後には良化(詳しくはこちら

その他の体験談はこちらをご覧ください

皮膚病克服の3ステップ 駅前漢方ごじょう アトピー相談
  1. まずはお電話を! 駅前漢方ごじょう
    カウンセリングには、だいたい30分~2時間ほどいただいております。じっくりとご相談いただけるよう予約優先制とさせていただいております。お手数ですが来店前に一度ご連絡いただけると幸いです。

    フリーダイヤル 0120-257-805 【受付時間】 10:00~19:00日祝休み 駅前漢方ごじょう アトピー相談

    携帯電話からでも通話可能です。

  2. お店でカウンセリング 駅前漢方ごじょう アトピー相談
    あなたの今お困りのことをお話し下さい。じっくりとカウンセリングして、症状に合わせて処方致します。お薬手帳がありましたら、ご来店時お持ちください。また、普段の食事は大切な項目ですので、生活習慣とあわせてアドバイス致します。
  3. 再びお店でアドバイス アトピー相談 駅前漢方ごじょう
    定期的に来店していただき、患部の状態が変化してくればそれに応じ処方を変えていきます。遠方の方はメール等での相談も行っております。
お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00