ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 乳児湿疹のこと > 小麦アレルギーと乳児湿疹について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

小麦アレルギーと乳児湿疹について

2014.5.23 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 乳児湿疹のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

乳児湿疹だった、或いは発症中のお子さんは、離乳食を始めるとき、

体質的にアレルギーを持っている可能性があるので、
念のため、一度血液検査をおススメしています。

血液検査は、保険内で200円くらいで受けれて、
卵、小麦、そばなどのアレルギーの数値を確認できます。
その結果、数値が高くアレルギー反応を示す食品があれば、
初期は食べさせないほうが良いと思います。

いずれ、胃腸が丈夫になってくると食べれるようになることも多いので、
慌てず様子を見てください。

血液検査で、小麦にアレルギー反応が出た
お子様をお持ちのママへ

小麦は、卵やそばなどに比べ、様々な食品に入っています。
うどん・パン・ラーメン・そうめん・そば・ケーキ・パスタ
・お好み焼き・ソース・しょうゆなどなど

色んな食品に入っていて、完全に除去することって、ホント大変・・・

だけどできるだけ完全除去しようと思いますよね。
その時に確認してほしいのが、血液検査の結果。

その結果を確認して・・・・
・小麦へのアレルギー反応が強い場合
その時は、やはり少々無理をしてでも小麦の入ったものを食べないほうが良いと思います。

例えば、醤油でも小麦が入ってないものがあります。
(成長とともに、アレルギー反応の度合いが変わってくることがあるので、
期間を開けて血液検査をお勧めします)

・弱いアレルギー反応がある場合
無理に除去するのではなく、少量から始めていくと良いと思います。

逆に、完全に除去していると、再度始めた時に反動が強く出る可能性があります。
完全除去せず少ない量を食べて、体を慣らしておいたほうが良いと思います。

また、僕が乳児湿疹の養生茶としてよくお出しする五行仙茶。(五行草茶+晶三仙)
晶三仙には、小麦が使われています。

配合量は、ごくごく少量で(メーカーに聞く)醗酵した小麦を使用しているため、アレルギーが起こりにくいので、心配はいらないです。

安心して五行仙茶を続けてほしいのですが、アレルギー反応が強い場合は、別の漢方を使っていくこともあります。

 

成長とともに小麦アレルギーが落ち着かないときは、
五行仙茶をベースに飲んでいかれると良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00