ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 乳児湿疹のこと > 乳児湿疹での血液検査後の食事について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乳児湿疹での血液検査後の食事について

2014.5.28 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 乳児湿疹のこと, 乳児湿疹の血液検査について | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

今日は、暑かったですね。明日から6月最初くらいまでは30度超えの毎日となりそうです。
もう夏ですね。

さて、
乳児湿疹でご相談にいらっしゃった方々には、生後半年をこえたあたり、離乳食を始める前に
血液検査をおススメしています。(腸がしっかりしてくる頃)

検査は保険がきいて数百円でできます。

ダニやネコ・イヌの皮屑や花粉・ハウスダストなど空気中のもの
卵・そば・ピーナツ・小麦・甲殻類など食品などに
アレルギー反応がどれくらいの度合いなのか?

また、IgE抗体やTARC(ターク)の数値が見れます。
詳しくはこちら

結果を受けて、
例えば、卵にアレルギー反応があった場合、
焦らずに、離乳食またはお母さんの普段の食事に卵をできるだけ完全除去をします。

(お子さんは成長とともに、腸がしっかりしてくると、
いずれアレルギーを引き起こす食べ物を食べれるようになることが多いです。)

それから半年を過ぎたあたりに再度血液検査をして、すべての項目の反応の度合いを
チェックしてみてください。

2回目の検査で、落ち着いた項目があれば、少量から食べさせてみて徐々に慣らしていきましょう。

空気中にものに反応していた場合は、
お部屋の通気性をよくして、より念入りに掃除するように心がけてください。
(こちらも同様、成長とともに肌がしっかりしてくると良くなることが多い)

どちらにせよ、アレルギー反応は腸からの反応であるので
なかなか数値が落ち着かないときは、

「五行仙茶」がおススメです。
晶三仙

晶三仙詳しくはこちら
五行草茶

五行草茶詳しくはこちら

のブレンドティー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00