ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 尋常性乾癬のこと > 乾癬では、皮膚表面で起きる厄介な現象があります。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乾癬では、皮膚表面で起きる厄介な現象があります。

2014.7.23 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 尋常性乾癬のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

乾癬は、初期段階では気が付かないこと多いですが、徐々に症状が全身に広がってくると赤い皮膚炎と白いフケのようなモノが発生してきます。

居ても立っても居られず、

気になり、皮膚を剥いて出血・・・これを「アウシュビッツ現象」と言います。
また、痒みで爪を立てて掻きむしると・・・その痕から新たな発疹(乾癬)ができてしまう。これを「ケブネル現象」と言います。

すると、これらの現象がもとで、より乾癬部分が全身に広がりやすくなってしまいます。

これら2つの厄介な現象が、乾癬をなかなか改善できない原因の1つになっています。

 

当薬局グループでは、皮膚に不足した潤いを補給し(保水・保湿)しっとりした皮膚がキープできるようなスキンケアをご提案し、皮膚の刺激をできるだけ最小限になるようにしていきます。

といっても、乾癬治療では、内因的な要素(腸内環境)も含まれていますので、
スキンケアと並行して進めていくことをご提案していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00