ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 10人に8人が経験する「痔」の養生

ゆたか店長のプロフィールはこちら

10人に8人が経験する「痔」の養生

2014.9.5 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

10人に8人は経験すると言われる「痔」。
痔は 痔核(イボ痔)・キレ痔(裂肛)・痔ろうの大きく3つに分けられ、
最も多いのが、痔核で、痔全体の約半数を占めます。

痔核は肛門に近いところの血流が停滞(うっ血)が原因で起こります。

キレ痔は、硬い便を無理に排泄するときに起こる外傷です。

痔の特効薬として当薬局グループでは、よく「浸膏槐角丸」(しんこうかいかくがん)
を処方していきます。

浸膏槐角丸詳しくはこちら

この漢方薬は、肛門の炎症を取り除き、出血を止め、肛門の出血、痛み、腫れを改善します。
痔の専門漢方薬と言ったところでしょうか。

でも、痔の根本的なホントの原因は、過労・ストレス・寝不足・冷えによる肝臓の疲れです。

何で肝臓??

門脈という静脈が肝臓に向かって上行しています。
肝臓が疲れてくると、上行する力が弱り、肛門付近が血流停滞(うっ血)が起こります。
すると、約半数を占める痔核になりやすくなります。

改善には、体を休めること、体を温め血行を良くすること、体の過不足を補うことが大切です。

また、下半身浴でじっくり温めるのも効果的ですし、
体に負担があるタバコ・お酒・香辛料の摂りすぎなど日常での意識も必要かと思います。

季節の変わり目らしく、昼夜の気温差が出てきました。
今から冬場に向けて(冬に痔は多くなる)体調を整えていきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00