ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 尋常性乾癬のこと > 乾癬を悪化させないポイント5(痒みについて)

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乾癬を悪化させないポイント5(痒みについて)

2014.9.18 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 尋常性乾癬のこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

表皮の細胞の新陳代謝が異常に早くなり、きちんとした角質ができなくなってしまう「乾癬」。
フケのようにポロポロと皮膚が落ち、乾燥した状態がよくある皮膚の状態です。

乾癬を悪化させないポイントシリーズは今回で最後です。
過去4回にわたって書いたブログはこちらです。よろしかったらお読みください。

乾癬を悪化させないポイント1(皮膚の乾燥について)

乾癬を悪化させないポイント2(感染症について)

乾癬を悪化させないポイント3(食生活について)

乾癬を悪化させないポイント4(ケブネル現象について)

 

今回は、乾癬でお悩みの方の中で約半数くらいはいらっしゃるであろう「痒み」について。
乾癬は、擦ったり掻いたりの刺激で拡がりやすいのは分かっていても、皮膚の乾燥・発汗・虫刺されなどが誘因となり、ガリガリガリと思うがまま乾癬を搔いちゃうんですよね・・・

 

痒みをコントロールする

 

「乾癬を悪化させないポイント3」で、触れたと思いますが、
>乾癬が日本で増えた理由の一つに、日本の食生活が欧米化になって増えたと言われています。
さらに、お酒の多飲などは、皮膚を刺激してしまい、痒みが発生しやすくなります。
和食中心が理想ですし、これからの時期のお鍋で手軽にバランスよくお肉とお野菜が摂れるから、お身体づくりにも役立ちますヨ

これからは、湿度が下がり肌が乾燥しやすい時期です。
肌は乾燥するだけで、ほこりや花粉や気温など外気の影響を受けやすく、それだけで痒みが発生することがあります。

この状態に、クリーム剤ばかり塗っていると、よりお肌が乾燥しやすくなるので潤いを保つ化粧水などをお肌のベースにたっぷり使用して、瑞々しいお肌をキープするため最後にクリームで(少量)フタを閉めるイメージ。

爪は定期的にお手入れしましょう。

長く伸びた爪は、乾癬を掻いた時、キズをつけてしまうことがあります。、
その傷はピリピリ痛痒い感じが続き、ついに本格的に掻きむしってしまう原因に。
長い爪より短い爪のほうがもちろん皮膚に傷をつけにくいし、
それだけ刺激が減るってことです。(乾癬は、患部を刺激すると拡がることがある)

ご参考になれば、幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00