ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > まだ風邪ひいちゃってるよ・・・長引いた風邪でお困りの方へ

ゆたか店長のプロフィールはこちら

まだ風邪ひいちゃってるよ・・・長引いた風邪でお困りの方へ

2014.9.25 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, 風邪を引いたら | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

昼夜や日々の気温差が激しくなってきました。
そんな季節の変わり目は、着る服に困りますよね。

ついつい薄着で過ごして、体がヒヤッ、ゾクゾク、ブルブル・・・風邪をひきやすい時期です。
風邪の症状は、放っておくと、どんどん進行して、しんどさが増してくる。
だから、なんかおかしい!って思ったら、すぐその症状を見極めて対処してほしいです。
漢方は、風邪によく効く!僕はそう思います。
何故なら、刻々と変わる症状に合わせる漢方薬があり、
何より、病み上がりがホントに楽。
前に書いたブログです。読んでみてください。
風邪のひきはじめ対応法。早め早めの対応で!

こうやって症状の寒熱を見極めて、
飲む漢方薬をチョイスすると、効果に即効性が出てきます。
また、風邪はやっぱり予防が大事!
これについても、前にブログを書きました。こちらも読んでみてください。
未病先防(みびょうせんぼう)で風邪をシャッタアウトしよう。

 

今回は、こんな対応をしても、また何らかの事情で風邪をほったらかしにして、
まだ風邪ひいちゃってるよ・・・

そんな、こじれてしまった風邪の対応法について

 

★体力の底上げをしよう

朝起きた時や日中元気に働いているときは、体力が充実していて
体の状態はなんともないんだけど、

夕方以降、そろそろ仕事が終わり、さっ帰ろっかってとき、
なんか体がだるい・・・なんか熱っぽいな・・・

熱を測ってみると、37.4℃。ビミョーな熱・・・。
なんか食欲もない。それになんか異常に眠い・・・などなど
どうしちゃったんだろう・・・ってことありませんか?
半分は元気、半分は風邪ひいてる状態。

そんな時は、発熱や咳やのどの痛みなどの症状に対応する、
漢方を合わせて飲んでいく必要がありますが、
何より風邪をひき続けて疲れ切った自分の体を立て直し、
風邪のウイルスを追い出す力をつけていくことが大切。

そこで、この時期にぴったりの漢方薬がこちら。

柴胡桂枝湯柴胡桂枝湯。(さいこけいしとう)詳しくはこちら

この漢方薬には、ウイルスを追い出す生薬プラス
朝鮮人参が配合されています。う~ん元気出そう!

これで身体の精気を正し、風邪ウイルスを完全に追い出していきます。

風邪には、引きはじめの急性期と
こじれてきた慢性期が存在します。

急性期によく使う漢方は、
葛根湯(かっこんとう)葛根湯詳しくはこちら

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)天津感冒片詳しくはこちら
慢性期によく使う漢方は、柴胡桂枝湯。

風邪をひいたときは、漢方を使うタイミングが大事。
こんな漢方を常備して、風邪の流行りそうな時期をルンルンで過ごしませんか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00