ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 慢性肩こりでお悩みの方へ

ゆたか店長のプロフィールはこちら

慢性肩こりでお悩みの方へ

2014.9.30 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

パソコン業務が激化し、決まった姿勢での仕事が長時間続き、
目の疲れからくる慢性肩こりは、もう職業病・・・。

あいたたた~
凝ったところを自分で揉んだり、首を回したりしても、なかなか肩こりは緩和しませ~ん。(涙)
頭痛も同時に併発して、もうたまらん。

原因の一つに、同じ姿勢が続くことでのストレスが肩まわり筋肉をこわばらせ、
血液とともに運ばれる酸素や栄養が、
凝った部分に冷えて硬くなって届かなくなることです。う~んつらい

これは、身体を緊張させる交感神経が優位に働いていて、常に体が緊張している状態になっています。

オンオフの時間をしっかりとってリラックスするが大事になりますが、
なかなか仕事をしながらリラックスって難しいですよね。

だからと言って、ほっとくわけにはいきません。

手立てはあるのか??
イメージしてください。

あなたがお風呂に入るとします。(極端な例です)
1、温泉の露天風呂に入る。

2、水風呂に入る

どっちがリラックスできますか?
多くの場合、1だと思います。

体が温まり血流が良くなると、自律神経が安定し、筋肉がほぐれやすくなります。

温めていくことは、とっても大事。

そこで、お仕事中でも、負担をかけることがない
借りにお風呂にゆっくり入っている仮の状態がつくりだせる

温灸器はいかがですか?

温灸器詳しくはこちら

当店で扱う温灸器に使用する温灸剤は、漢方生薬を炭化しているものを使用し
煙がモクモクと出て周りに悪影響は与えません。

火傷することがなく、使い方もとってもカンタン。

今から寒くなる時期は、もちろん体の筋肉も冷えて硬くなりやすいです。
一家に一台いかがですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00