ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 季節の変わり目が苦手な方へ 漢方対策法

ゆたか店長のプロフィールはこちら

季節の変わり目が苦手な方へ 漢方対策法

2014.10.16 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

台風後は、朝晩が一段と冷え込んできましたね。

さらに季節の変わり目特有の寒暖差もあり、体調管理が大変です。

さてさて、
こんな時期、日中の暑い時間帯は汗をかくほど体が火照るのに、
朝や夜の気温が低い時間帯は、手や足先がめちゃ冷える。

こんな季節の変わり目が一番しんどいんだよな。よく風邪もひくし。って
こんなお悩みの方へ

外気の影響を受けやすいのは、体温を調節している血液が不足している可能性があります。
夏から秋にかけては、一般的に夏疲れが出やすい時期。
血液は、体温調節以外に酸素や栄養やホルモンなどを体の隅々まで運ぶツールの一つ。
代謝の元でもあります。
さらに情緒を安定化する働きがあります。
その血液を
暑い夏に血液を消耗しすぎて(漢方では、ストレスや病気の長患いなどで血液が消耗するととらえます。)、そのまま季節の変わり目を迎えたことにより体の不調が起こりやすくなります。

変わり目の時期に大切なことは、次の季節に向けて体調を作っていくことです。
足腰手先が冷える、平熱が低い、血圧低い、爪が割れやすい、髪の毛がよく抜ける、皮膚にツヤがないなどこんな不調がある方は、
この漢方薬が合うのかもしれません

婦宝当帰膠詳しくはこちら婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

主成分の「当帰」(とうき)は、体の血液製造工場をフル稼働してくれます。
体を温める働きもあるので、漢方入浴剤にもよく使われていて
セリ科の植物なので、セロリっぽい匂いがします。

普段の食事も、体の潤いを保つヌルヌル食品、海藻類などをとって
体内から潤していきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00