ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > お互い、いい歳になったんだなぁ。親父と話して感じたこと

ゆたか店長のプロフィールはこちら

お互い、いい歳になったんだなぁ。親父と話して感じたこと

2014.12.24 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

Bank Band の「to you」。
いい歌だ。ミスチル桜井さん、よすぎ!!

歳を重ねるにつれて、寒さにとことん弱くなっている。
昨年は、しもやけデビュー・・・。
家では、ユニクロあったかスリッパが離せません。

さてさて、
昨日、久しぶりに親父とお酒を飲みにいきました。
仕事のこと、それから僕の子供のこと、昔懐かしい思い出など様々な話に華が咲き
お酒が進むにつれて、止まりません。

親父「お前は、あの時こうしといた良かったんや。」
僕「もういいやん。終わったことなんやし。」みたいな感じで。

でもね。僕とっても嬉しかった。
僕は、3人兄弟の末っ子で、
なんとなく、いつもどんな時でも子ども扱いされてるなぁって感じてた。
僕の話なんて聞いているようで、子供のくせに何を偉そうにみたいな雰囲気。
なんとなくだけどね

昨日は、対等にお互いが会話のキャッチボールができている。
親父が僕の言うことに「おぉそうか。」って納得している。
僕もそんな歳になったのかって。

途中、「お前はお酒が弱いんやから飲み過ぎるな!」って言われてたけど、
完全に言っている本人がロレツ回ってなかったけどね(笑)あぁ~親父もいい歳になったんやなぁ。

もちろん食事代だしていただいたんだけど、
昨日はホント心の底から感謝ができました。(いつもしてるんだけど・・・。)
めちゃ楽しかったし。

「ぜひぜひ、また飲みに行こう。」
親父からお誘いされちゃいました。ぜひ行こう!気持ちはすでに次にいってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00