ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 女性は7で、男性は8?!

ゆたか店長のプロフィールはこちら

女性は7で、男性は8?!

2014.12.29 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

今年もあと少しとなりました。

漢方では男性を8の倍数、女性を7の倍数で、体が変化すると捉えます。
女性を例に挙げると、

7歳ごろ、第1次性徴がピークを迎えます。14歳頃には第二次性徴を迎え、初潮が訪れます。
35歳頃をピークに、49歳のころに閉経を迎えます。

男性は女性ほど分かりやすい変化が起こませんが、突然の体調変化(不眠やメタボなど)が発症することもありますが、実はこの変化の節目で無理をしていることも少なくありません。

このような節目をリズム良く過ごせるようお体を大切に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00