ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 昨日は、ひざ痛・50肩に有効な運動を学んできました。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

昨日は、ひざ痛・50肩に有効な運動を学んできました。

2015.2.2 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, 勉強会参加 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。脱力系ブログ ゆたか 駅前漢方ごじょう

2月初めての日に、京都駅メルパルクホールにお勉強会に参加してきました。

講師には、滋賀県にあるロコモティブシンドロームのケアを専門的にされている
ケイアイ薬品から山口先生来られました。(僕と1つ違いの先生です)

脱力系ブログ ゆたか 駅前漢方ごじょう

山口先生のお話を聞くのは今回で3回目。
毎回毎回、ホントためになるお話ありがたいです。

今回は、ひざ痛の話がメイン。
内容として、ひざ痛の原因と1つとして膝のお皿の柔軟性が失われることによっておこる。

ブログを読まれている方、椅子に腰かけて足をまっすぐに伸し、膝のお皿が上下左右に動くか確認してみて下さい。

慢性的な膝の痛みの方は、お皿が動かないのだとか。
このような方は、漢方やサプリを飲んでも患部に行き届かず効きにくいのだとか。(ふむふむ)

お皿動きました?動きにくかったですか?

脱力系ブログ ゆたか 駅前漢方ごじょう

その方は、まず太ももをほぐしてみてみください。それから、ゆっくりゆっくりお皿を左右に動かしていくと、固まっていたものがはずれる感覚でよく動くようになります。

ここまでほぐした状態で、歩いてみると、
いつもの膝痛が軽減していることがあるようです。(ふむふむ)

この後、いろんな痛みについて実演を交え講演されていたのですが、

脱力系ブログ ゆたか 駅前漢方ごじょう
一番印象的だったのは、

50肩のケア。
何をやってもよくならないって方へ。

50肩の原因のベースは猫背だそうです。
猫背で無理やり肩を回そうとするから逆に炎症がひどくなる。

猫背になって肩を縮めて腕をあげようとしてみて下さい。
腕上がりますか?上がらないですよね。

50肩の方は、ずっとこの状態でいるそうです。

それで、ケアに肩をグルグル回したら肩関節にロックがかかっている状態に無理に回すもんだから、関節が傷ついて炎症がひどくなるんだって(すげ~よ!この先生)

50肩のケアとしておおススメのストレッチは、
1、肩を正常な位置に戻すため、両腕を前に真っ直ぐ伸ばして、
そのまま上にあげて、ゆっくり横に降ろす。この位置が正常な位置。

2、腕を曲げて手のひらを上に向け開いたり閉じたりする運動。

3、肩を上下させたり、左右に振ったり、前後にしたりする

4、あごを両手親指で持って、グーッと上にあげる(首を正常な位置に戻す)

この1~4までを適度にやってから、肩をゆっくりグルグル回すと方まわりの血流がよくなって
痛みが楽になることもあるそうです。

いや~内容の濃い話。
4回目聞きに来たけど、まだまだ全部覚えられません。

内容を偉そうに書いたんですが、講演会中4・5回居眠っていたのは、

山口先生には内緒です(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00