ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 勉強会参加 > 漢方って奥が深いなぁ~

ゆたか店長のプロフィールはこちら

漢方って奥が深いなぁ~

2015.2.8 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 勉強会参加 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

昨日は、一乗寺薬局グループ月一回のスタッフ会議がありました。

今月は、漢方に精通される日誠マリン工業から多田先生をお呼びして、
漢方お勉強会を行いました。

メインになったお話は、
「健康とは正気(=元気)が正常であること」。

脱力系ブログ ゆたか 駅前漢方ごじょう

もともと元気いっぱいなどで表現する「元気」も気の一種。
この気が体に充実していると元気いっぱいなんです。

その正気(=元気)はどこから生成されるのか?
それは、親から受け継いだ生まれる前から持っている先天の精(せんてんのせい)と食事※などから得られた生まれた後に自分で作り出す後天の精(こうてんのせい)が混じり合い一旦腎に蓄えられる(漢方でとらえる腎は、西洋でとらえる腎臓の機能にホルモンバランスや体温調節や人の成長などと関係している)

※=過食気味だと逆に消化に先天の精を浪費してしまうそう

その蓄えられた元気の源を原気と言うようです。

この原気は、酸素を入れないと「元気」に転換できないそうで、
肺から取り込んだ酸素でようやく元気が生成されます。

しかし、元気が生成される体制として、体温が36℃台で自律神経が安定していないとうまく元気が生成されないそうだ。

いや~とってもとっても深~い勉強をミッチリ叩き込んできました。

いや~復習にもなったし、
それにしても漢方は奥が深い。しみじみと思う今日この頃なのでした

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00