ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 男性より女性に多い膀胱炎の養生法&漢方対処法

ゆたか店長のプロフィールはこちら

男性より女性に多い膀胱炎の養生法&漢方対処法

2015.2.13 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

今晩雪がすごい。
もう積もってきている。

明日は大変なことにならないといいんだけどなぁ・・・。

まだまだ寒い季節。
底冷えした時に女性がなりやすい疾患の代表例が「膀胱炎」です。
特に、真冬にかかる膀胱炎は、再発を繰り返してしまう人が増えるのが特徴です。
膀胱炎は、トイレに行く回数が増え、排尿時に痛みを伴ったり、お小水が濁る(血が混じることも)、排尿後は残尿感が残るなどの症状があります。
膀胱炎の原因として細菌感染であり、
細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。男性より女性に発症しやすい特徴があります。(女性の尿道は男性に比べ短いので)体の冷えや、長時間排尿を我慢したり、寝不足などで体の抵抗力が弱ると発症しやすくなります。
対処法として、
原因となっている細菌を排泄するためにいつもより水分を多めに摂る比較的ポピュラーなものがあります。
ただ、原因は細菌感染だけではなく感染しやすくなった環境づくり(冷え、長時間排尿を我慢する、寝不足などによる体力低下)もあるので、僕は水をガブガブ飲む無理な養生はおススメしていません。できれば、常温化暖かいお湯を適量飲むことがおススメです。軽症の場合、自然に治っていくことが多いですが、
症状が慢性化した時は、「五淋散」(ごりんさん)を処方します。この漢方は、膀胱炎の専門薬で効果もシャープです。比較的メジャーな漢方なのでお近くに薬局薬店ドラッグストアに置いてあると思います。

体を温めることは、膀胱炎の予防に最適です。腹巻をするカイロをあてるなどとても良い養生だと思います。

最後に、ちょこっと漢方らしく説明すると・・・。
漢方では、膀胱炎を「淋」(りん)と捉えます。
例えば血尿を伴うとき「血淋」。排尿痛があるとき「熱淋」。腎結石なども淋に分類し「石淋」と言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00