ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 座骨神経痛のこと > 坐骨神経痛の原因の一つ、体の冷え。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

坐骨神経痛の原因の一つ、体の冷え。

2015.4.1 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 座骨神経痛のこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

最近、坐骨神経痛でお悩みのご相談をよくお受けします。

ケースとして、痛み止めやブロック注射など
また、ビタミン剤や血流を良くするお薬を組み合わせて飲まれていることが多く、

また、電気を当てたりけん引をされています。

しかし、なかなか良くならい・・・。
場合によっては、徐々に悪化していることも。

坐骨神経痛の原因の一つに血流が弱く、体の冷えがあります。
ご相談では、平熱が34℃台だってこともありました。

体が冷えると、患部を支える筋肉は硬くなり弾力性がなく
常に筋肉に力が入っている状態というか、もうカチカチ。余白が無くなっている状態です。筋肉疲労を起こしています。

と言うことはですね。

病院のお薬を使っても、体は温まっていない。
使えば使うほど冷えを助長しているように思うんです。

病院のお薬は、化学合成したお薬で、
体に必要な栄養がほとんど入っていない。ビタミン剤だけとっても、体の過不足は補えないと思います。

体の過不足が続くと、痛みの元を修復する材料が少ない。
すると症状は慢性化。それを痛み止めのお薬をのんだだけでは、
元の原因をとらえていないですし、より慢性化しやすくなります。

自然生薬を使った漢方や栄養たっぷりの食品や温灸などを
使っていくと、体の不足を補え、痛みはもとより体の温もりを感じて体調面が向上していくことが多いです。

効果を感じていただくスピードは生活習慣や体質などもあるので個人差が出てしまいますが、無理のないストレッチ法なども行いながら

満足のいく結果に行きつくまで、サポートしていきたいと思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00