ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 亜鉛足りていますか?

ゆたか店長のプロフィールはこちら

亜鉛足りていますか?

2015.5.5 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

日本人の食事摂取基準(2010年度版)によると
成人男性で亜鉛の必要摂取量は12㎎/日です。
成人女性で9㎎/日、妊婦さんで11㎎、授乳婦で12㎎となっていますが、
平成20年度の栄養調査によると、男性が8.9㎎/日、女性で7.3㎎/日となって必要摂取量に足りていません。

下のチェック表で確認してみてください。

脱力系ブログ ゆたか 駅前漢方ごじょう

亜鉛は、皮膚の強い味方!
他のミネラルとは比較にならない程の多くの有益な働きをしてくれるからです。
まず、新陳代謝に関係します。そして活性酸素を除去し、炎症を抑えたり、酸化を防いだりしてくれます。性ホルモンも活性化させますので、皮膚に艶がでます。
亜鉛一つで何種類かの健康食品をとるようなものなんです。

皮膚病で急性の状態が落ち着いたとき(痒みやジュクジュク)に肌質改善によく使っていきます。

また、発育を促し、傷の回復を早め味覚を正常に保ったり、感染症を予防し免疫力を保ち、生殖機能を維持しています。

亜鉛と言えば、牡蠣。
牡蠣は、その「亜鉛」を地上で一番多く含む食べ物です。貝塚に残されている貝殻は、アサリやシジミよりも、牡蠣の殻が多いんだそうです。大昔の方もたくさん食べていたんですね。
また、シーザーやナポレオン、武田信玄など、多くの英雄が牡蠣を好んで食べたそうですが、人間は本能的に、その重要さを悟っていたのかもしれませんね。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00