ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 水と病気の関係~動脈硬化と水について~

ゆたか店長のプロフィールはこちら

水と病気の関係~動脈硬化と水について~

2015.7.30 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

肥満、糖尿病、高脂血症、喫煙などの体質や習慣があると、動脈硬化を進行させ、次第に血管が硬くもろくなってきます。

さらに、血液も粘ってドロドロ状態になり、血栓が作られやすくなります。

夏の暑い時期、
よく汗をかいたり、アルコール飲料の多飲などでは
体の水分不足を招き動脈硬化・血栓を助長してしまいます。

また年齢を重ねるごとに、体の水分量が不足がちで効率よく水分摂取することは大切です。

無題

予防のための水分摂取でおススメの水は「硬水」です。
images

硬水は、カルシウムやマグネシウムなどミネラルを摂取することができて、血液中のコレステロールや中性脂肪の分解を促進し、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるからです。
なので動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすことができます。

効果のある飲み方は、朝起きた時にコップ1杯の水を飲むことです。
人は寝ている間にコップ1杯程度の汗をかくからです。

朝一杯のお水は「宝水」。動脈硬化を予防しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00