ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > なかなか寝付けない・・・朝まで寝れない・・・もしかして不眠症?!の対策法

ゆたか店長のプロフィールはこちら

なかなか寝付けない・・・朝まで寝れない・・・もしかして不眠症?!の対策法

2015.10.18 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

眠るとき、カギを握るのが「メラトニン」って睡眠ホルモンです。
このホルモンは目から感知する光の量で調節されるので、夜暗くなると分泌が開始されます。
さらに手足の血行が良くなり手足が温まると、メラトニンは促されやすくなります。

そこで、養生法
①手足を温める養生
寝る直前の足湯、湯たんぽを使う、深呼吸をしてみる(呼吸が浅いと体は冷えやすく、深くなるほど血管が伸縮し体を温めリラックス↑↑)

②脳の緊張を緩和
寝る直前までスマートフォンやPCの明るい画面を見ているとメラトニン分泌が抑制されます。眠りにつく前出来るだけ部屋を暗くして、メラトニン分泌を促しましょう!

③メラトニンの量は女性ホルモンと関係しています。
大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持ちます。
納豆・豆腐・豆乳・おからな大豆が使われる食品はメラトニン増加と関係があります。
女性ホルモンは睡眠中増える特徴があり、
メラトニン増加→眠気が高まる→睡眠→女性ホルモン増加の流れです。

一日一日を元気に快適に過ごすため、睡眠の不安を解消して活動的な毎日を送りましょう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00