ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 昔に比べ食べ物で減ったもの増えたもの

ゆたか店長のプロフィールはこちら

昔に比べ食べ物で減ったもの増えたもの

2016.6.2 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, 勉強会参加 | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

それにしても寒いね~どうなってんの

今晩はお仕事を終えた後、フラッと勉強会に参加。
現代の食事事情について学んできました。

昭和35年のころの昭和時代と
現代で普段から摂取する食品を比較して昭和時代より増えたもの減ったものがあります。
ちょっと画像が悪いけどご覧ください。

脱力系ブログ 勉強会 駅前漢方ごじょう
米類・イモ類・豆類・みそ・しょうゆ・野菜は
昭和35年より減り

脱力系ブログ 勉強会 駅前漢方ごじょう
増えたものは、肉類・油脂類・乳製品・砂糖などです。
ザーッとみると
タンパク質・脂肪・糖質が増えています。

う~ん完全に欧米化だ。

これらを消化するために「酵素」や「ビタミン」や「ミネラル」が必要なんですが、最近では添加物や調理済み食品や水煮食品(ミネラルが抜けた食品)などを口にすることが多く、しっかり消化できなかったり栄養を摂っているようで、実はほとんど摂れていないってことが多いんだって。

う~ん勉強になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00