ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 足に当たるのが嫌なんです

ゆたか店長のプロフィールはこちら

足に当たるのが嫌なんです

2016.12.14 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。
最近仕事用の靴を新調した僕。

いつも運動靴だったんだけど
今回は僕的にちょっと洒落た靴にしてみました。

いつもと違う靴
散髪した時と同じ新鮮な気持ちで仕事ができます。

そんな話をスタッフとしていたとき、
何故か、僕がどのサイズの靴を履くのかって話になりました。

平均並みの大きさの僕、
靴のサイズのジャストは27.5だけど、
幼い頃のある経験から、靴は必ず大きめを履くようにしています。

だから靴のサイズは28.5でややブカブカ目と答えたんです。

もちろん大きいですね~って話になったんです。
じゃあなんで?

あれは僕が小学生低学年のころ
初めてのお使いで一人で靴屋に行ったとき。
靴屋の店主が「坊や靴のサイズは?」って靴をみられた時
何でこんな小さな靴履いてんの!指が折れ曲がってるやん!!

って相当小さな靴を履いているってことを熱弁されました。
それで大きめの靴を提案され履いたときもう世界が変わりましたョ(笑)

えっ!?靴履いても痛くないよ。

その頃の僕は靴を履いたら足が痛むもんだと思っていました。

それからは靴を履いたとき少しでも締め付けられる感じがあると
すごく嫌な気分になり
大きめを必ず履くようにしています。

最大で30センチの靴を履いたときも。

皆様はどんな基準で靴のサイズ選んでいますか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00