ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 黒部ダムの想像を超える建造物はスゲ~

ゆたか店長のプロフィールはこちら

黒部ダムの想像を超える建造物はスゲ~

2013.8.18 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょうゆたか店長こと荒木豊です。荒木豊

お盆休みを今日で終了。明日から、一乗寺薬局グループは全店で営業再開です。
どうぞよろしくお願いします。

さて、お盆休み中ホントに暑かったです・・・。
また避暑地を求め、先日のびわ湖バレイに次いで、さらに足を伸ばして長野県の黒部ダムに行ってきました。

本やテレビなどで興味がありましたが、この休みを使って思い切って行ってみました。
片道5時間の道のりきつかった~(汗)

全国各地から、たくさんの方がいらっしゃっていて車を止めるまで、スゴイ時間がかかりました。

車でダムのすぐそばまで行けると勝手な想像をしていたんですが、関西電力が管理するトローリーバスというのに乗って長~いトンネルを抜けないといけませんでした。トローリーバス

いざ、黒部ダムにつくと、あまりにも大きい建造物に言葉を失いました。

迫力はすごいものがあり、すごい高さ!吸い込まれそうでとっても怖かったです。
放水地点の真上から見ると虹が見えました。

歴史で振り返ると、昭和30年代関西地方は慢性的な電力不足に陥っていました。
そのため安定して電力を供給するため、関西電力によって水に恵まれたこの地に水力発電をダムを建設する壮大な計画が発案されました。

さすがにこの地。
人が住まない未踏の地にダムを建設することは困難極まりないこと。

汗のにじみ出る努力の結果、7年間の長い年月をかけてついに完成されました。

完成するまでの歴史は数分のVTRを観て、まさに感動そのものでした。
これによって、電力が安定して経済の発展は計り知れないものになった様です。

 

ダムを見続けること数時間、感動でず~っと鳥肌が立っていました。

ホントに素晴らしいものを見てきました。

山の中ということもあり気温湿度とも低くとても涼しかったです。
山頂付近はまだ雪が積もっていました。

ダムを見てすぐ帰宅したのですが、まだまだ上に行けるルートがありました。
また行く機会があったら行ってみたいですね。

今回で黒部ダムについてとても興味を持ったので
数ある黒部ダムの映画をみてもっと深く知りたいと思いました。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00