ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > ドキドキプリキュア、親にとって魔の時間があるのです・・・

ゆたか店長のプロフィールはこちら

ドキドキプリキュア、親にとって魔の時間があるのです・・・

2013.10.7 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。荒木豊

毎週日曜日8時半から9時まで放送してしているドキドキプリキュア。

このアニメは娘の憧れ。
オープニング曲から、エンディング曲まで一秒たりとも見逃さず観ています。

いろんなキャラが出てくるのですが(キュアソード、ハッピー、ロゼッタなど)、完璧に覚えています。ジコチュウという毎回キャラが異なる悪者が出てきて、プリキュアたちに退治されます。

このアニメ親にとって魔の時間があります。
それは、アニメ途中にあるCMです。

このCMは、プリキュアたちがジコチュウを退治するために使うアイテムを
子供たちが実際に使ってリアル感を出しています。

「プリキュアハッピーシャワー」とか言いながら、魔のアイテムはピカピカやばい光を放っています。
その直後です。娘は、私だったらこういうふうに使うのに・・・!
と私に魔の目線を向けてくるのです。

「うん。買わないよ。」毎回こういってはいるのですが、なにせ30分間一秒たりとも見逃さず観ているのでこの魔のアイテムまでも完璧に覚えているわけです。

いつまで、断り続けられるか精神力との戦いですが・・・

今度クリスマスの日にでも買ってやろうかな。(規制緩和です。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00