ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 今日は、月一回の販促会議でした。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

今日は、月一回の販促会議でした。

2013.11.5 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

先週土曜日、4店のスタッフが集まり販促会議でした。

今回も先月の続き、日誠マリン工業より多田先生をお呼びして、婦人科疾患やストレスについて美ワカイン・サメミロンをどのように活用法を学びました。

今回印象に残ったのは、美・ワカイン(健康食品)の処方構成です。
9つの生薬から成しています。

金時ショウガ、紅参、シソ葉、醗酵大豆胚芽、難消化性デキストリン、陳皮、トナカイの角、甘草、へスぺリジン

その中で注目はトナカイの角です。漢方薬では鹿の角(鹿茸:ろくじょう)をよく配合するのですが、これは医薬品に分類されるため美ワカインに配合できなかった(健康食品だから)

効力で見ると断然に「鹿の角」が優っているのですが、何故トナカイの角に行きついたのか??それは、この成分を調べてみると3点鹿の角に優っているところを発見したからです。

1つめは、アルギニンが多かった。
アルギニンは、一酸化窒素(NO)が合成され血管を拡張し血流改善。

2つめは、プロリンが多かった。
プロリンはコラーゲンの合成作用があり、保湿・美肌効果があります。

3つめは、グリシンが多かった。
グリシンは、体をしっかり休ませる休息のアミノ酸ともいえる成分です。

また、紅参と配合することで気血を養う力がアップします。

美ワカインは、金時ショウガの印象が強く温める食品と思っていましたが
こういうものが配合されることで、体の根本を丈夫にし体質強化の食品ということで、
使用範囲が広がりました。

多田先生の知識は、すごいものがあります。もっともっといろんなことを聞いてみたいのですが、今回はここまで。
また来月のお楽しみですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00