ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > おもしろエピソード > 弱小荒木のエピソード。「魚釣り」っていう名詞はかっこいいけど、魚は触れなかった

ゆたか店長のプロフィールはこちら

弱小荒木のエピソード。「魚釣り」っていう名詞はかっこいいけど、魚は触れなかった

2013.11.25 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, おもしろエピソード, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。IMG_20131027_102845892

明日からは寒くなるようです。京都市では今日よりも5℃くらい寒くなるよう・・・
出勤のときのバイクが憂鬱だなぁ・・・

私、学生の頃「釣り」にはまったことがありました。
友達に釣り好きが多くて自然にそうなりました。
食べれる魚を釣るんじゃなくて、
男だったら憧れる「ブラックバス釣り」(以下バスと呼びます)のほうです。

だが、仕掛けを作ることも釣り道具自体を自分で買うことは一度もありませんでした。
(高かったから)

その当時、住んでいた野球部寮からほど近いところにため池があって、
同期の誰かが「あそこってめちゃバスが釣れる」の情報が流れ、
みんな暇があったら行くようになったんです。

で、道具のない私は行くわけもなく、バス自体を見たことがなくて・・・
それは、ダサいのでみんなには隠していました。

ある時、兵庫県のほうにでかいバスがいる情報が流れ、
勢いそのままに夜通しで友達3名で向かいました。
道具は借りて、3人でトローリングしようという話になり、
単独で釣りをしていると、思いっきり根がかりしました。ヤバいと思って引っ張ると、
なんとメチャクチャでかい40㎝級のブラックバスが釣れているではないですか!!
初バスはこんなんかとびっくりする一方新たな真実発覚!

僕、魚触れへん
ヌルヌルが気持ち悪い・・・幼少期川遊びしていて、泳いでいた魚が顔にあたりあまりの気持ち悪さに泣いたことを思い出しました。

周りを見渡しても誰もいない・・・大声を出して友達を呼び、
あわさなかった針が奥までのみ込んでいて、時間をかけてようやく針をとってもらいました。
友達に「弱小荒木」がバレて、大笑いされました。

その後は野球部の同期の中での話題はお察しの通り・・・

でもめげずに、それからは海釣りには何度か行きましたよ~。
食べれる魚なら触れるかなと甘い思いを込めて。

でも、やっぱり触れませんでした。ヌルヌルだから・・・

軍手を3重にしたらなんとか触れたんですけど、
時間がかかり面倒くさい。

・・・でも、そうしないと触れないんですから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00