ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > ミネラル不足とアトピー性皮膚炎の関係

ゆたか店長のプロフィールはこちら

ミネラル不足とアトピー性皮膚炎の関係

2014.10.27 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

ミネラルは、皮膚にとって大切なものです。
以下紹介するミネラルが不足すると、皮膚に負担がかかります。

代表的なものとして

亜鉛(牡蠣・はまぐり・煮干しなど)→肌が荒れてカサカサする、傷の治りが遅い
カルシウム(小魚、ヒジキなど)→免疫低下、痒みの助長
マグネシウム(納豆・あさりなど)→肌の弾力性が低下する
鉄(パセリ・しじみ・いわしなど)→吹き出物が目立つ、皮膚カサカサ
マンガン(しょうが・紫蘇・シジミなど)→皮膚の代謝異常
銅(レバー・桜えび・納豆など)→皮膚の色素が抜ける

などなど、一部を紹介しましたが、現代の食生活は食べ物そのものにミネラルが不足していると言われていて、なかなか摂取するのは難しいと思います。

調べていくと、気がついたのですが和食を中心に摂っていくと、
ミネラルが十分に摂れるように思います。

皮膚病治療中は、意識して食生活を和食中心にして、食からも養生して下さいネ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00