ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 駅前漢方ごじょうでの最近の症例の報告(皮膚炎について)

ゆたか店長のプロフィールはこちら

駅前漢方ごじょうでの最近の症例の報告(皮膚炎について)

2014.10.30 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

最近の症例です。

一カ月前から、原因不明の身体の痒みに襲われてどうにかならないかと来店されました。
ハウスダストやダニが原因と思われていて、寝る場所を変えたり、布団を変えたりしたが全く改善しないとのこと。お風呂などで体を温めると、痒みもつれてひどくなり、
腕や足などには掻きキズが多く、かさぶたになっていたり、繰り返し掻きキズの跡がありました。

ステロイドは不使用。

花粉症は持っているが、自分がアレルギー体質だと思ったことはなく
症状がひどくなったら市販の薬で抑えていらっしゃいました。(血液検査は受けたことがない。)

肌は乾燥しやすいとのこと。

問診した中では、痒みが発生している原因がはっきりしませんが、

ハウスダストが原因の一つとなって、皮膚を掻き始め、
乾燥しやすくなったことで
痒みが起きやすくなっていると感じて、

お肌のベースである普段の食事は大事との話から、
体を温めすぎる甘いもの・辛いもの・塩っ辛いものを控えて
お肌の潤いを生み出す、ヌルヌル食品(納豆・山芋・オクラなど)や
海藻類をよく摂るようにお伝えをしました。

目から鱗がだったようで遅い時間の甘いものと辛いものはそうだったんだぁ。
と納得されていました。

そして、お試しに小分けされた漢方を持って帰られ、食養生とともに様子をみてみると言って
お帰れになられました。

普段の養生からうまくいって、漢方の効果が発揮されればと思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00