ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 食の仙人のお話は心に響いた。皮膚トラブルの食養生について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

食の仙人のお話は心に響いた。皮膚トラブルの食養生について

2014.11.3 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 乳児湿疹のこと, 勉強会参加, 尋常性乾癬のこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

連休最終日の今日、
漢方ひがしやまにて食育セミナ-「皮膚トラブルの食養生」を開催しました。

本日、連休中のけっこういい時間にセミナーにご参加された方々、
本当にありがとうございました。

このセミナーでは、
僕自身がアレルギー症状で悩んだとき、
卵アレルギーだった我が息子の乳児湿疹を克服した時、

克服するための日々の食養生を一から教えてくれた「劉桂平先生」(りゅうけいへい)を
お招きしました。(僕は、先生のことを食の仙人とお呼びしています。)

セミナーの内容は、
先生の講演と推奨する食事(今回はおやつ)を参加された方と一緒に頂き、各1時間ずつ
計2時間のとっても楽しいセミナーとなりました。

講演の中で、
印象的だったのは子供の食育は親の日々の食事の仕草とつながりが深いということ。

親が食事中に野菜があるのに全く食べないとか、
辛い物をものすごく食べるとか
偏食があるとか、
こういった食習慣を子供が自然に頭に刷り込まれていて、
いざ大人になって自分でご飯を食べるとき、親と同じような食事内容になってしまうとのこと。
普段の食事=健康状態は切っても切れない関係だということですから、
ことアレルギーに関したら、かなり重要なことだと思います。

先生はおっしゃられます。
繰り返し繰り返し実践したり、先生の思いを1枚の資料にしたこの項目を何度も何度も読み返して下さいとのこと。

また、知っておられる方もいらっしゃると思いますが、
旬の野菜を食事中にたっぷりいただくことで、過食が止まり胃腸に負担をかけない。

自動的に胃腸を守ることができて、皮膚トラブルにはとても良いとのこと。

いや~圧倒的でした。
これからも、僕の皮膚トラブル相談を含めて様々な健康相談に役立てていきたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00