ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > ステロイド外用剤の長期連用がやっぱり不安な方へ

ゆたか店長のプロフィールはこちら

ステロイド外用剤の長期連用がやっぱり不安な方へ

2015.4.16 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

慢性的に皮膚に痒みがあり
日に日に範囲が拡大している、良くも悪くもならない・・・。

ステロイドは長期的に使っていて、
良くないとは思っているんだけど、なかなかやめられない。
このように毎日不安に過ごされている方は多いと思います。

アトピーのことステロイドのことにとても詳しい
新潟大学大学院安保徹教授はこのように語っています。

炎症は治癒反応だから
薬では抑えるべきではない。
風邪で熱が出るのは細菌やウイルスを撃退するための免疫反応です。
同じように、皮膚に痒みや炎症がおきるのは、その部分の血流を増やして体内の有害物質やアレルゲンを追い出したり、細菌やウイルスと戦おうとする体の反応です。
体は病気やけがをすると、発熱や炎症を起こして自力で治そうとします。
この働き(自然治癒力)を妨げてはいけません。

以上
「アトピーを克服するために今本当に必要なこと」から抜粋

僕は、この記事を読んで
アトピーを克服するまでの過程において、とても大切なことだと思いましたが、
あまり極端なことを自己判断でしてしまうと、
炎症反応が起きているとき、皮膚自体は非常に過敏でバリア力が弱っているので、
感染症が常に隣り合わせなので十分に気を付けなければなりません。

病院のお薬は、その場しのぎになることが多いですが
必要最低限には使わないといけない場面がこのように存在します。

最終的には、安保先生のおっしゃられている過程を経て皮膚が落ち着いてくるのですが、
まずは、専門機関で血液検査をしてアレルギーの原因をある程度特定したり、生活習慣など整えて地盤を固めてから、気持ちも整えて
今まで不安に思うことが解消できるよう、前へ進んでいきましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00