ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > お顔のかぶれの症例~駅前漢方ごじょう~

ゆたか店長のプロフィールはこちら

お顔のかぶれの症例~駅前漢方ごじょう~

2015.4.27 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

最近の症例です。
昨年秋ごろから原因不明で目の周りから、ほっぺたにかけて赤くなり、
目の周りだけは痒くなるとのこと。

近所の皮膚科さんに行くと、何かにかぶれてしまっているのかも、
と言うことで、抗ヒスタミン薬4種と外用剤はステロイドとプロトピックを処方されていました。

病院に行っても一向に改善しないから、
何かいい対処法はありますか?とご来店されました。

アレルギーの血液検査はしたことがない。
毎日しっかりステロイドとプロトピックは使われていたので、
「軟膏でベタベタ塗りすぎると乾燥肌になりやすくなっちゃいますヨ。」とお伝えして、
今のスキンケアに足らない保水をしましょうと
お肌の水分補給と赤み軽減に「リプライローション」と、
お肌しっとりをキープする「セラミロベール」をお出ししました。(第一診)

下痢便秘はなかったですが、
胃腸があまり強くないのと
さらに過去に胃がんを患ったこともあるということで、いろんな予防を含めて「シベリア霊芝茶」を飲んでもらうことにしました。

1週間後、(第二診)
ほっぺの赤みがかなり軽減していました。
何より驚いたが、効いているか効いていないかよく分からない病院でもらっていた内服薬をお休みされていたことでした。反動は起きていない様子でした

ステロイドとプロトピックは継続されていましたので、それはそのまま続けてくださいと伝えました。
リプライローションとセラミロベールは問題なく使えているとのこと。

一か月後(第三診)には、
さらに皮膚の赤みは軽減。
元々のキレイでしっとりしたお肌にほとんど戻られていた印象でした

病院のお薬は、前回同様飲んでいないとのこと。塗り薬は継続中。使用量は減っているとのこと。

と言う感じで、かなり順調に皮膚が良化してきました。

次回は5月中ごろにいらっしゃる予定ですが、さらに良くなっていることでしょう。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00