ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > アトピーの本当の根本対策は何!?

ゆたか店長のプロフィールはこちら

アトピーの本当の根本対策は何!?

2015.4.28 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

アトピーは、特定の食品やハウスダストなどに過剰に反応し、
IGE抗体※が産生されて、痒みが発症します。
※=体内にその人の体質が異物と認識したものが入ってきたときの抵抗値。
アトピー性皮膚炎の方はこの抗体の数値が高い。正常値170 IU/mL

これに対して病院の治療では、
この痒みに対して、ファーストチョイスは「ステロイド外用剤」になることが多いです。または、非ステロイド薬の外用や内服。また、免疫抑制剤と言われる「プロトピック外用剤」も最近よく見ます。

これら外用剤は、根本的なところを捉えているのではなく、
アレルギー反応が起きた結果の皮膚の痒みに対して使用している、いわば対処療法になります。
外用剤で一時的に良くなっても、また同じ刺激(アレルゲンに触れる)があると
また同じように皮膚が元に戻ってしまいます。

じゃあ、根本的なところってなに?

体質に関係なく、人は体内にアレルゲンが侵入するとこれに対抗するため「免疫細胞」が働きだします。
免疫細胞には、「Th1」と「Th2」の2種類あり、正常な人はこの2種類のバランスが取れていますが、アトピー性皮膚炎の人の場合では「Th2」が過剰に動き、その結果としてアレルギー反応を起こしてしまうのです。

ではこの免疫バランスをとるには?

腸内の善玉菌には、「Th1を優位にして免疫バランスを整える」働きが確認去れています。
またIGE抗体についても同様です。
善玉菌を優性にする、
ネバネバの食品を摂ったり、海藻類・お野菜など和食中心にしたり、
規則正しい生活を心がけたりしましょう。
趣味に没頭するなど、日常のストレスを解消しておくことも大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00