ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > アトピーの中枢は「腸」。下痢・便秘ありませんか?

ゆたか店長のプロフィールはこちら

アトピーの中枢は「腸」。下痢・便秘ありませんか?

2016.7.26 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

2日前の滑り台でのお尻の痛みが
まだジンジンする荒木豊です。

滑り台引退宣言します!
もう絶対乗らない。もうこんなの嫌だ・・・

さて、ちょっと真面目な話。
アトピーって日本皮膚科学会は次のように定義しています。
「アトピー性皮膚炎は増悪、緩解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」
また診断基準はこちらを確認ください。

アトピーは元々アレルギーを起こしやすい体質のひとや、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う疾患です。

腸には体の約7割の免疫が集中していることが最近の研究で分かっていて、アレルギーを引き起こす根元は「腸」にあります。
便秘や下痢を解消して腸内環境を整えることが克服の近道になると僕は考えています。

僕がアトピーのコトを学んだとき
教科書には克服に便秘を緩和し
体の毒素を排泄し腸をキレイにすることが大切(腸=皮膚)って書いてありました。

だけど、ご相談をお受けしていて
便秘している方より下痢している方が多い多い。

これってどういうことなの?
下痢して毒素が排泄されているからいいじゃないの?

いいえそんなことはありません。下痢をしていると十分に栄養が吸収できず再生が遅くなったり、ガサガサし痒みが発生しやすくなっちゃうんです。

現代では繊維質を摂取する機会が減り、腸が長い(日本人の体質)のにもかかわらず
下痢しているってことは

・体に合わないものを食べている(例:アレルギー起こしやすい小麦・乳製品・卵・甲殻類など)
・栄養が偏っている(例:加工食品、外食など)
・ストレス性

この三つを中心に考えることができます。
下痢を和らげるため、
まずは
外食→手作り
極端に辛いものは控える
夜のアイスは止めてみる

位から始めてみてください。
下痢が落ち着いてくると、栄養の吸収が良くなり
皮膚がしっかりしてきた、乾燥がマシ、痒みが落ち着いたなど
喜びのお声をよく聞きます。

腸を整えてアトピーを根元から克服しませんか?

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00