ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > 梅雨の時期はご注意ください!「カビ」のアレルギーについて

ゆたか店長のプロフィールはこちら

梅雨の時期はご注意ください!「カビ」のアレルギーについて

2013.6.28 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょうゆたか店長こと荒木豊です。荒木豊

皮膚病のご相談を主にお受けしています。

さて、
梅雨の明けない蒸し暑い日々、こういうジメジメした日が続くとカビが発生しやすくなります。

最近では、このカビに対してのアレルギー症状が増えてきています。
皮膚のバリアがしっかりしているときは、何もなかったものが

掻き壊してしまったり、ステロイドの長期連用などで、皮膚のバリアが弱ると、
カビが原因で皮膚が悪化したり、なかなか良くならないケースがあります。
皮膚が弱った状態だと、ハウスダストにも反応しやすくなり痒みが一日中続くことも。

このような場合、皮膚の炎症の度合いにもよりますが、抗炎症作用を持つ漢方を使いながら、
皮膚のバリア機能を一時的に安定させるために皮膚刺激の少ない化粧品を使って、バリアを作っていきます。

またカビは、ジメジメしたところを好み、浴室や窓際や洗面所などに発生しやすいので

移住空間の対策として、こまめに掃除したり除菌剤使うことも一つです。
原因が見つからず、なかなか皮膚がよくならないときは、
この時期特有の「カビ」にスポットを当てて、
注意してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00