ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > アトピーなど皮膚病治療でよく見られるお肌の乾燥の対処法

ゆたか店長のプロフィールはこちら

アトピーなど皮膚病治療でよく見られるお肌の乾燥の対処法

2013.8.15 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょうゆたか店長こと荒木豊です。

 

皮膚病相談をしていてよく見られるケースがあります。

急性的なお肌の炎症が強くジュクジュクしているときは、かゆみとの戦いです。
夜、かゆみがなくゆっくり寝れるか不安であったり、炎症を持った患部が目に入ると
気になって触れて、かゆみが発生してまた掻きむしってしまうの繰り返し。

この場合は、掻くなということはまず無理なこと。
掻きむしってしまったら感染症を起こさないように患部を清潔に保っておくことが大切です。

お通じや日々の生活習慣などが整い、治療が順調に進むと、お肌の炎症・痒みが落ち着いて来られます。見た目もジュクジュクが治まってきて患部は徐々に乾燥し始めます。

この時期に店頭でご相談をお受けしていますと、急性の症状が治まっているため
ご相談中にお話ししながら痒い部分を何度も掻く事はなくなっているのですが・・・

乾燥した患部のかさぶたが気になり、無理やりめくる方がいらっしゃいます。

自分でも経験がありますが、ベラベラときれいに皮がむけるととても気持ち良いものです。

しかし、めくれた部分はまだひ弱な皮で、外気の影響を受けやすいです。
そうすると、ちりやほこりに敏感に反応しやすくなってしまいまた炎症を持ち始め掻きむしって、
また元に戻ってしまうことがあります。

お肌が乾燥し始めたら、今の時期は水溶性のローションで保湿を多めに塗布して、なるべく触れないようにすることが大事です。お肌は再生しようとしている最中です。
粉がぽろぽろ落ちて気になるようでしたら、少し油分の含むクリームを薄く塗って様子を見てください。

痒みがどうしても止まらないときは、やむを得えないですがお手持ちのステロイドを少量患部にだけ塗布して、かゆみを抑えていきます。(使用期間は、数日)

乾燥してかさぶたができているときは、すり傷などのけがが治っていく時と同じです。
なるべく触れないよう気にしないようにしましょう。

ここまで、治療が進めばあともう一息ですよ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00