ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > 漢方での血管運動性鼻炎の対処法。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

漢方での血管運動性鼻炎の対処法。

2013.10.2 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 鼻炎の対処法 | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。荒木豊

朝、布団からでたとき食事やお風呂などで急に体が温められたときの温度差で鼻づまり・鼻水・くしゃみを発症したことはありませんか?
今の時期だけに「秋の花粉かな?」と思いがちですが・・・

それは「血管運動性鼻炎」であるかもしれません。

この鼻炎の症状は一見アレルギー性鼻炎とよく似ていますが、

特徴は、
☆アレルギー性鼻炎
・アレルギー検査‐陽性
・原因物質‐花粉やハウスダスト
・症状‐鼻詰まり、鼻水

☆血管運動性鼻炎
・アレルギー検査‐陰性
・原因物質‐なし
・症状‐鼻詰まり、鼻水

つまり、アレルギー反応が全く関与しない過敏な鼻炎で、花粉症とよく間違えられます。
原因は、温度差による鼻粘膜の血管の収縮・血行不良によるものです。
お風呂に入って、体が温まり鼻の通りがよくなる、そんな経験をお持ちの方が多くいらっしゃるのでは?西洋医学的なアプローチでは症状を抑える抗ヒスタミン剤・点鼻薬が中心で根本的な治療ではありません。”血管運動性鼻炎”の治療には、漢方が有効です。

まずは今のご様子をお聞かせください。
0120-257-805にお電話ください

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00