ゆたか劇場

漢方相談の一乗寺薬局グループ(京都市) > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 不消化物を残さない、とっておきの漢方アイテムとは?

ゆたか店長のプロフィールはこちら

不消化物を残さない、とっておきの漢方アイテムとは?

2013.12.2 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

こんばんは。夜になるとやっぱり寒いですね。
寒いのは大の苦手荒木豊です。

私、お店で自分自身や子供の体験から皮膚病を中心に相談をお受けしています。

皮膚病での大事なこと・・・
それは、体に不消化物を残さないこと。

特に、寒くなってきた今日この頃では、代謝が弱くなり不消化物が体内に残りやすくなります。
それが、徐々に腸を汚し、腸内細菌のバランスが乱れ・・・
皮膚では粉が吹いて乾燥が目立つようになり、徐々にかゆみが発生。
一度掻き出すと、痒みが痒みを呼ぶようになりいつしか、寝ているときに掻きむしって、
朝起きると血が出ていたり、日中は何も皮膚に触れていないのに、
ムズムズいつでも弱いかゆみが襲ってきます。

あぁ~最悪のシナリオです(泣)こんなご経験はありませんか?

こうなってしまうと、乾燥すると痒くなるから、たいていクリームを多用したり
醜く痒かったら皮膚科に行きステロイドを処方ってことになってしまいます。
でも、ステロイドは使いたくない・・!絶対嫌だ~でも痒い!!どうしよう!

こうなったら、一度皮膚だけじゃなく内臓に目を向けてください。
痒みが強い皮膚はクリームだけでコントロールしても、
なかなか元に戻ることは難しいです。

腸の汚れ=皮膚の乾燥・痒みというふうに捉えて、(漢方治療の考え方)
皮膚に悪さをしている不消化物(汚れ)を何よりも早く消化(掃除)しましょう。(もちろん、多少のスキンケアは必要)

そこで、こういう時に役立つアイテムはこちら。

晶三仙

この漢方は、消化酵素をたっぷり含んだ生薬を配合して、食べたものを素早く消化してくれます。食べる前に飲む♪です。

酸味がありますが、苦いってことはないので慣れるとお菓子感覚で飲めますヨ。
(ミニミニ情報:酢豚にパイナップル入ってるじゃないですか。あれ、パイナップルの酵素で肉を柔らかくしているし、消化も良くなるんです。晶三仙も肉にかけてみてください。もちろん柔らかくなりますヨ)

今年の冬場は、かなり寒くなるとの予報が出ています。皮膚が敏感なあなた!
快適に過ごすためには、食べるものの内容も重要ですが、食べ過ぎてしまったら、はい晶三仙♪

晶三仙大好き荒木の体験談。

僕、焼き肉大好きなんです。いつも食べすぎて、3,4日は便秘ってことよくありました。
そして、翌日には口臭がにんにく臭い・・・
どうにかならないかと思っていました。
そこで、次行ったとき晶三仙を山ほど飲んでやりました(笑)
食べる前に2包、食べてる最中に2包、食べ終わる頃に2包、帰っている最中に2包、家について2包。計、10包。

すると、するとですヨ!
帰ってすぐ、快便!さらに翌日全く口臭が気にならない。
無茶苦茶効いてるやん。晶三仙の箱には、一日3~6包と書いていますが、僕が体で実証しました。10包飲んでも全然大丈夫!
常に常備して、食べ過ぎた時は必ず飲んでいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00