スタッフブログ

一乗寺薬局グループ > 漢方ブログ > 子育て漢方 > 夏の元気の作り方

夏の元気の作り方

2018.7.31 | 子育て漢方 | comment:0

今年は夏が来るのが早かったですね。

やっぱりクーラー、使っちゃいましたか?

我が家も3対1の多数決で使ってます。←反対派は私のみ

電気代も気になりますが、もっと気になるのは「冷やし過ぎ」

クーラーのきいた部屋で冷たい飲み物なんてもってのほか!

特に胃腸の冷やし過ぎは、全身の機能低下にもつながります。

家族への愛が故に、ぬるいお茶を用意しているワタクシですが

それにはちゃんと理由があるのです。

「年寄りの冷や水」って言葉、知ってますよね?

江戸時代のカルタには、お年寄りが井戸水を

柄杓ですくって飲んでいる絵が描かれているんですよ。

この「冷や水」って、実は常温の水なんです。

そう思うと、今の時代は冷やし過ぎにもほどがあるわけですよね。

冷たいもの(食べる・飲む)を減らすだけで体調も違いますし

漢方を併用すると、最短距離で夏の元気がつくれますよ!

健脾散顆粒(けんぴさんかりゅう)1日分400円

・・・胃腸の元気を取り戻し、カラダの元気を復活させます。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)1か月分 5,340円

・・・クーラーによる冷えからカラダを守ってくれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00