スタッフブログ

一乗寺薬局グループ > ブログ > スタッフのつぶやき > メトロノームを愛したベートーベン

メトロノームを愛したベートーベン

2020.10.22 | スタッフのつぶやき | comment:0

こんにちは。スタッフ浅田です。

数多くいる作曲家の中でも、ベートーベンを知らない人なんていないんじゃないかなぁ。そのウィーンになるベートーベンのお墓はメトロノームの形をしているんだよ。
なぜって?・・・メトロノームをすっごく愛用していたからなんだ。

それはねぇ・・・
1816年にメトロノームが発売されるや否や、彼はこの機械をとても気に入って、楽譜にテンポを書き入れるようになった。
音楽家さんにとって、テンポ設定はとっても重要だからね!
発想記号で表すよりもテンポを楽譜に記入できるようになったメトロノームは、耳の聞こえない彼にとって、曲の速さを視覚として認識できるし、オーケストラの指揮者としても不可欠だったんだ。だから、とっても貴重で大満足なものだったんだろうねぇ~。しかーしッ!!!現在の音楽家たちはベートーベンの楽譜のテンポをほとんど無視しているんだよ。
ベートーベンが愛用していたメトロノームが狂っていて、その表示に全く信頼性がなくなったからなんだって💧

墓石になるほどメトロノームを愛用していたベートーベンなのに、メトロノームが壊れていたなんて…可哀想すぎる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00