ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 尋常性乾癬について、 病院で薬をもらう他に、少しでも早く乾癬がラクになる方法を知りたいのです。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

尋常性乾癬について、 病院で薬をもらう他に、少しでも早く乾癬がラクになる方法を知りたいのです。

2020.10.19 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 尋常性乾癬のこと, 漢方相談について | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

乾癬の原因は内面的な要素であることがほとんどです。
なので、乾癬をケアしていくためのアプローチとして
「皮膚は食べたものからできている」の考え方から
腸内環境を整えることを第一にじっくり進めていくことがほとんどです。

しかし、内面的なところだけでは一日二日で急に変わっていくものではなく
それだけのアプローチではなかなか精神的ストレスは軽減しません。

少しでも早く乾癬がラクになる方法の提案として
外用と組み合わせていくことをお勧めします。
それは早い段階での変化、ストレスの軽減につながるからです。

乾癬の厄介なところは、外からの刺激がもとで
広がってしまうことです。「ケブネル現象」
皮膚の鱗屑が多く肥厚が目立つ場合も含め対処として自然化粧水をまずはたっぷり保水してください。
そしてすぐ乾燥してしまうとよくないので、保水後はなるべくベタベタしていない
さっぱりしたクリーム剤を薄く塗ります。保湿

そうやって、ある程度外用剤で乾癬をコントロール(対処して)することで
さわったり、掻いたり、瘡蓋をめくったりすることが減り拡大防止につながります。

それでも痒みが落ち着かないときは、
病院でもらっているステロイド外用剤をしっかり使用してください。

ステロイド外用剤の副作用より
掻いて血が出て皮膚を刺激し乾癬が広がることのほうがよくないと考えるからです。

まとめると
保水をメインに(化粧水)たっぷり塗布
その後、薄くクリーム剤を塗布(保湿)
痒みが強いとステロイド外用剤を使用してください。

でも内面のアプローチを体質体調に合わせて加えることは必須ですので
まずはご相談いただくと幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00