妊活応援メッセージ

一乗寺薬局グループ > 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報) > 子宮筋腫

子宮筋腫

2012.12.3 | 妊活応援メッセージ(子宝体質への耳寄り情報) | comment:0

子宮筋腫の80%が、35~50歳代の女性です。

子宮は、大部分が平滑筋という筋肉からでできていますが、
子宮筋腫は、その筋肉に発生する良性腫瘍です。

約95%が子宮体部から、約5%が子宮頚部から、稀に子宮膣部から発生します。

子宮筋腫の発生原因は、はっきり分かっていません。
しかし、増大にはエストロゲン(女性ホルモン)が関与していて
思春期には大きくなり、閉経時期からは縮小していきます。

主な症状として、過多月経・不正出血・月経痛・貧血症状などですが、
大半は無症状のことも多いです。

子宮筋腫は、発生部位により分類しており、
症状もそれぞれ違います。
1、粘膜下筋腫(子宮内側にできる)
発病率は低くく、筋腫が小さい時からでも症状が出やすく粘膜が出血しやすい特徴があります。
過多月経・不正出血・下腹痛・月経痛など主な症状です。

2、筋層内筋腫(子宮の厚い筋層にできるもの)
最も多くみられる筋腫です。
筋腫が小さいときは、症状はほとんどありません。
大きくなると、子宮がうまく収縮できなくなります。
月経痛・頻発月経・過多月経などが主な症状です。

3、漿膜下筋腫(子宮の外側を覆う漿膜下にできるもの)
筋腫の発育により、周辺臓器を圧迫します。(主に、大腸・膀胱を圧迫)
大きくなると、有茎性漿膜下筋腫と呼び茎捻転を起こすことがあります。
症状として、腹部や内臓の圧迫症状があり、便秘・排尿困難・頻尿・腰痛などです。
自分のお腹を触るとわかることもあります。

日々の精神的ストレス、女性に多い冷え性、食事の乱れなど原因も様々です。
まずは、ご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00