ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 乳児湿疹のこと > 乳児湿疹のステロイド薬のつけ方について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乳児湿疹のステロイド薬のつけ方について

2014.4.24 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 乳児湿疹のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

夜になると、まだ冷え込みますね。
今晩、久々に夜のドライブに行ったとき、沿道の気温表示が10℃でした。ひえ~

こんな感じは、まだまだ続きそうです。

さて、
今日は乳児湿疹のステロイド剤の使い方について。

小児科で皮膚の炎症の強さ・痒みの度合いが判断され、
ステロイド剤はよく処方されます。

ステロイド剤って、情報が様々あり副作用が気になりますよね。
それで、使うことをためらうことが多々あります。

でもね。
ステロイド剤は使い方によっては、とっても効果的です。

僕はこう考えてます。
ステロイド剤の使用は、
1、掻きむしってしまった・・・
2、顔を地面にこすりつけている・・・
3、寝ているときに掻いている・・・などをして、
皮膚が薄くなり浸出液が出てたり出血しているときは、皮膚の感染症を発症する恐れがあります。

このケースはステロイド剤を塗布して、掻きキズを早く修復させるようにします。

ただし、ホントによく効くからステロイド剤を塗布し続けると、
赤ちゃんの皮膚がこれに依存してしまい、結果的に弱いお肌作りにつながってしまいます。

大体使用期間は、連続しても1週間未満が良いかと思います。
塗り続けないことが大切!
やがて、掻きキズが良くなると、ステロイド剤の使用をお休みして
僕は、よくこのスプレーの塗布をおススメしています。

このスプレーは、皮膚の感染症予防に長け、お肌の水分補給をし肌を健やかに保ちます。
スキンケアは、皮膚の感染症予防がとっても大切。

肌の痒みや炎症の落ち着けるのは、内面的な要素を多くを占めることが多いです。
スキンケアで対処しながら、デトックスを促し(腸内環境)、内・外バランスよくアプローチします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00